中継ぎACE2

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一幕 復讐


249名前: ニーノ@山中グランドホテル投稿日: 2006/02/22(水) 02:01:36.58 ID:MXh2jVrV0
それから数ヶ月、新人合同自主トレを無心で過ごした弘樹は沖縄の1軍キャンプにバッティング投手として呼ばれる。
出来立てのチームでありながら1軍のレベルはすごい、トライアウト入団選手、FA選手は皆自分よりも何倍も大きく、球速、キレすごかった。
しかし弘樹も負けて入られない。彼にはスタミナがある!充実した第一クール、第二クールで彼はシート打撃等登板し
首脳陣の信頼も厚き物にしていった。
そんなある日
「弘樹!ブルペン行け」
投手コーチからのさりげない一言、しかしそれは弘樹を戦力として認めテストをしたいという証拠。
「ハイ!」
弘樹は爽やかに挨拶すると駆け足でブルペンに向かう。
「塚本弘樹です!」
「おう、谷口着たぞ」
ブルペンコーチの声で出てきたのはゲーマーズの初代正捕手確実といわれている谷口亮だった。
読売ジャイアンツに所属していたものの1軍昇格の機会がなく2軍で悶々とした日々、そして昨シーズンに自由契約となったのである。

252名前: ニーノ@山中グランドホテル投稿日: 2006/02/22(水) 02:10:31.90 ID:MXh2jVrV0
それでも谷
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|