※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノエ(7)

見習氏

部屋の様子は、その主の人柄を表すという。
木製の机と本棚、日用品を入れる小箱、それと――独りで眠る、ベッド。
それだけしかない私室は、私の人柄をよく表している。
理論家肌で冷静沈着、世間の喧騒に耳を傾けず、専らその一日を自らの知的好奇心の探求に費やす。
「何と面白味のない、人並みの趣味を持て。たまには女を買うといい。俺の馴染みの店を紹介してやろうか?」
「悪いが私は、女性の肉体と、女性との性交渉、それによって得られる快楽に興味は無い。
あのようなもの、一度済ませれば十分だ」
やれやれ、堅物野郎め、と肩を竦める友人の姿を思い出す。……その彼が、今の私の姿を目の当たりにすれば、
きっと腹を抱えて大笑いし、転げまわるに違いない。

「……ノエ、ノエ。寝たのか……?」
二人で眠るには狭い、私のベッドの中。一枚のシーツに包まって、私とノエは、身を寄せ合っていた。

――嗚呼、亡き父よ、母よ、今は失われし、我が一族の誇りよ――願わくばこの私に、己を律する力を与え給え――


ノエはその薄い胸板を規則正しく上下させている。…完全に眠ってしまったようだ。
再度、声を掛けてみる。……反応はない。
静寂が、さながら針の様に、私の体を刺激する。
咽喉が渇く。唇が乾燥する。呼吸が苦しい。声が掠れる。
いっそこのまま、ノエを抱こうか。
ノエの細く白い両腕を揃えてベッドの端に縛りつけろ。
違和感を覚えて意識を取り戻すその小さな体の自由を奪え。
衣服を引き剥がせ。何、そのガウンは私のものだ。破ろうが裂こうが関係ない。
白いガウンの下から現れる、仄かな桜色の肌を嘗め尽くせ。
体の中心へ欲望を宛がえ、そのまま貫け!ノエの全てを自分の物にしろ!
ガウンだけではない!ノエ自身もまた私のものだ!破ろうが裂こうが――

「……出来るわけが、ないだろう……!」

頭を壁に打ち付けた。少し激し過ぎたようで、くらりと視界が歪む。だが構うものか、これは私への罰だ。
何というおぞましい、下劣な妄想…!金で買った者を、それも少年を無理矢理手篭めにするなど!
(でもそれは私自身が望んだ事だ、私よ。努々忘れるな、私はそれを望んでいる――)
心の中で下卑た笑みを浮かべるもう一人の私。

宵の刻を過ぎた頃、私は一人苦悩していた。
この懊悩を、誰に理解できようか。


よしんば今夜の危機を乗り越えられたとしても、ノエが独りで眠るのを拒み続ければ問題は解決しない。
……私がノエと眠る事に抵抗を感じなくなれば話は早いのだが、現状を顧みるに、そちらの方が時間が掛かりそうである。
上体を起こしたまま、ノエを見下ろす。
長い睫毛に縁取られた両の目は閉じられ、唇は呼吸の為だけに小さく開けられ、寝返りを打つ度に乱れたのであろう、
ガウンの胸元は肌蹴、胸元が惜し気もなく暗夜に晒されている。
「――」
呑みこんだのは、唾か欲望か。
私は激しく頭を振り、逃げるように寝室から飛び出した。

無我夢中で飛び出した私は、裏庭の石畳の上で膝を抱えていた。
幼い頃、父に叱られた時、よくこうして膝を抱えて泣いていたな、と笑う。

――ふと、空を見上げた。
濃い闇の中に、輝く満月。闇は深く空を覆うのに、決して月の領分を侵そうとはしない。
……ならば私は、曇り空の夜か。見えずとも雲は闇夜に存在し、気紛れに月を犯す。

――ノエを、犯す。

その暴力的な響きに、刹那、体が熱くなる。夜気の中にあって、私の体は、情欲の炎に汗ばむ。
一方で頭は、自らの妄想を律する様に冷えてゆく。
ならばその狭間に身を置き懊悩する「私」とは何だ?
肉欲を否定し、倫理を邪魔者扱いし、衝動を抑制し、理性に苦悶し、いきり立つ股座をどうにも処理出来ずに居る
「私」とは何だ?

夜が更けてゆく。とじめやみに現れし光の軍勢の王が、騒々しい足音で朝の到来を告げる頃。
私は気を失う様に、深いまどろみの中へ落ちて行った。