※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あきら(4)

でるまえにいくぜ氏

「あきら、もっと気持ちよくしてやるよ」
「んっ……へ?ぁっ、ふあっぁぁあぁああっ!!!!」
性器だけに当たっていた足をすこし下にずらして、踵が尻の穴にも
届くようにしてから、時に強く、時に弱く足を揺さぶる。
何人もの友達の筋肉のコリをとってきた俺だからこそなせる強弱の妙、
その名もハイパー虹色の脚SP。
「はっ、ふぅっ、ひゃっ……うあっあっあっ、なっ、んか……きてるぅっ!」
声がでかくて周りに聞こえてないか心配だ。
「そうか、あきらはにいちゃんに電気あんまされてちんちん気持ちいいのか」
「!……ぅんっ!そんな、ことっ!なぁあぅっ。だめだよっなんかっ!」
「だめなのか……わかった。お前の嫌がることなんかできないよ」
なるべく残念そうにそう言って足の力を抜く。
「んっ……あ、え?」
あきらは、絶え間なく襲っていた快感の波が急に途絶えたことで呆けていた。
顔だけを持ち上げて、潤んだ瞳で懇願するようにこちらを見つめて来た。
「なんだよ、続きしてほしいのか?」


「なっ、んなこと!……ぅん」
「あ、ごめん聞いてなかった」
「……して、ほしっうあああぁあっあっひゃうっぅぅ!!」
危うく惚れるとこだった。すんでの所でもてる全部の技術を振り絞って足を動かす。
もうあきらの口からは意味もわからなくなった途切れ途切れの言葉
しかでなくなっている。そして、段々と言葉でさえなくなっていく。
「ああああああぅううぁああっ!!ひっ!」
足の裏で感じていたちんこの熱が一段と高くなったきがする。もうすぐなのか?
「いきそうだったらいっちゃっていいぞ」
「へぁっ!う、うぁっなんかきた!なんかっきっ!ひゃああああ!」
びゅるびゅるっびゅる……びくっ
あきらの未発達なちんこが振るえ、足にじっとりとした感触が広がる。
「あ……ぅ、はぁ……」
あきらは初めて(だと思う)の快楽の余韻に身を任せきって、
片手の甲を額にあて、息を整えている。
「……これに、懲りたら……ちゃんと悪いことしたら誤れよ?」
急になんともいえない気まずさが襲ってきた。
そういった後、ろくに目も見れずに背中を押しながら風呂に行かせた。


あれから気まずさのあまり会話も交わせず、
なんとかあきらを寝かせてトイレに籠もった後、
悶々としながらなんとか眠りの世界へ落ちていった。
翌朝。
「あ、にいちゃんごめん」
「おま、俺の携帯トンコツ味に……」
なんなんだ、朝から妙に機嫌いいと思ったら
人の携帯の上にトンコツスープぶちまけやがって……
「……まぁたお仕置きが必要みたいだな、あきら」
そういった時、俺にはあきらが少し楽しそうに見えた。
まあ実際は昨日のを思い出して怖がってるってとこだな。
「うん!必要必要っ!」
怖がって……る、よな。