※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 俺はあいつの事が大嫌いだった。
明確な理由なんてない。見てるだけで無性に腹が立つのだ。
 きっと他の奴の目には、明るくて元気があって、勉強ができてスポーツができて、
おまけに顔が良くて人懐っこくて、誰とでも仲良くなれる“良い奴”に見えるんだろうが、
そいつらは知らない。あの笑顔の正体を。
 あの笑顔は、いつも権力者の下でへいへい命令を聞くだけの、
毎度の如く臆病者がするような媚びた笑顔とは違う。
 ひとりでいる事の苦痛を知っていて、それをひどく恐れている者の目をしている。
 あいつはかなり無理をして、苦しみながら、助けを求めながら、
それでもなんとか明るいキャラを作ってる。
 心の底から笑って、何かを忘れようとしている。
「気に入らねえ」俺は噛んでいたガムをぺっと吐き出し、ついでに毒も吐き捨てる。
 取り巻きの一人が、びくっと肩を揺らした。お前の事じゃねーよ。
 ついでにからっぽになったジュースの缶を投げつけ、それを捨てに行かせる。
「どうしたんだよ、直輝。さっきから機嫌悪いじゃん」
 正直返事するのも面倒だったから、無視してやっても良かったが、
ちょっとした悪戯心に刺激されてか、軽いイジメの一環として、
俺はフェンス越しの校庭を適当に指差してやった。
 案の定そいつは、校庭の方に頭を傾けただけで、
俺が何を指差したのかは悟る事ができなかったようだ。
 最初はその間抜けな姿に笑いを堪えたが、しばらく見ていると非常に痛々しく思えてきて、
ほら、あれだよあれと、いつもこの時間帯にサッカーやってる連中を指差した。