※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ね、何食べたい?」
「お前が作った物ならなんでもいいよ。」
「何でもいいが一番困るんだって言ってるだろ。」
「じゃ、お前。」
「・・・・バカ!もういいよ。」
「そんな怒るなよ~。」
「お前いっつもそんな事ばっかり言ってるし!アホ!」
「ほんとのことだからしょうがないだろ~。」
「・・・・もういい!てきとーに作る!」
「そんな怒んなよ~。」
「うっさいバカ!」
「だってほら・・・お前を見てるだけで・・・な?」
「・・・・!エロ!変態!」
「な~飯なんて後でいいから。・・・な?」
「俺は腹減ってるの!離せバカ!」
「なんだよ~じゃ俺のコレはどうすりゃいいんだよ~。」
「自分でヌイとけサル!」
「んな冷たい事言っちゃって。」
「お・・・っおい・・!やめ・・ろ・・。」
「んな事言っちゃって。実はお前もしたかったんじゃないの?」
「ばっ・・・・!も、手、はな・・せ・・っ!」
「またまたぁ~。ちゅーしちゃおっかな~。ん~。」
「やめっ・・・!も・・ん・・・ぁふ・・・。」
”くちゅっ、にちゅっ・・・”
「ん・・・あ・・・・・・ぁ・・。」
「気持ちよくなってきちゃったかな?ん~エロイ顔してるよ~。」
「も・・ほんとに、やめ・・・。」
「いいのいいの。ほら、舌出して・・。」
”ちゅっ、くちょっ・・にゅりゅっ・・・”
「あぁ・・ん・・・も・・いや・・ぁ・・・。」
「逃げんなって・・。・・ほら・・きもちよくなってきただろ・・?」
「も・・・マジで離せ・・・っ。」
「そんなに必死でガードしても無駄ですよ~。」
「な・・・っ!ちょ・・・っ!どこ触って・・・・・!」
「あれー?乳首立ってるけどどうしたのかなー?」
「や・・・ぁ・・っ。さわ・・・るな・・・。ん・・・・・。」
「ちゅっ、ぴちゃっ・・」
「はぁ・・・あ・・・!ん・・・・ん・・っ」
「そんなに我慢しなくてもいいのにぃ。可愛い声聞かせてよ~。」
「ば・・・か・・・!可愛いとか・・・言う・・・・な・・・!」
「だって可愛いんだもん。さー一番可愛いとこ触っちゃおうかな~。」