※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カズ:初体験(2)

ばけつ氏

「おにいちゃんな、ここが苦しくて苦しくてたまらないんだ。
 おにいちゃんが楽になれるよう、手伝ってくれる?」
「・・・うん。どうしたらいいの?」
俺は履いていたスエットのズボンとトランクスを一気にずらした。
おもむろに下半身を露出させると、カズは目を見開いてチンポを見つめている。
もうすぐあの唇が俺のこれを・・・そう思うと我慢出来なくなってきた。
段々と下半身に血液が集まり、半立ち状態になってくる。
見られているだけでこの状態だ。
もししゃぶられたらすぐに逝ってしまうだろう。
ワクワクして、はやる気持ちを抑えつつ俺は慎重にこう言った。

「な・・?おにいちゃん、すぐにここがこうなっちまうんだ。
 ここが大きくなると痛くて苦しくて辛いんだよ。」
「!?そうなの!?大きくならないように出来ないの!?」
「あぁ・・・ダメなんだ。おにいちゃん、こういう病気なんだよ。」
「病気なの!?どうしたら元に戻るの!?」

「な・・?おにいちゃん、すぐにここがこうなっちまうんだ。
 ここが大きくなると痛くて苦しくて辛いんだよ。」
「!?そうなの!?大きくならないように出来ないの!?」
「あぁ・・・ダメなんだ。おにいちゃん、こういう病気なんだよ。」
「病気なの!?どうしたら元に戻るの!?」


「治すには…これを小さくしないといけないんだ。
 そして小さくするには…誰かに口で舐めてもらわなきゃならないんだ…」
「えっ…!?これを…口で舐めるの…?」
「嫌ならいいんだ…けど…もう苦しくて」
「!分かったよ僕がやってあげるよ…」
「・・やっぱりいい。ごめんなカズ、嫌に決まってるよな。こんなとこ汚いし。」
「・・・!きっ汚くなんてないよ!おにいちゃんの大事なとこだもん!
  おにいちゃん病気なんだからそんな事気にしないで!」
「でも・・カズに悪いよ・・。」
「僕が・・僕がグズグズしてるから・・。どうしたらいい?
 どうやって舐めたら痛いのなくなるの?」

俺は内心ニヤニヤしていた。
バカじゃねーのこいつ。
小学生にもなってオナニーも知らないのか?
カマトトぶるのもいい加減にしろよなハゲ!
お前がそんなんだから俺は・・俺は・・・。

「カズ・・本当にいいのか?」
そう言って義弟に優しく問いかけている俺の口調とは裏腹に、
下半身は屹立し正に「痛いくらいの」状態になっていた。
「うん。おにいちゃん、大丈夫?僕がすぐに治してあげるからね。」
カズはそういうと、俺のチンポにそっと手を添えた。

白くて小さな手。
柔らかい指に触れられただけで爆発してしまいそうだ。
「ん・・。」
カズがいきなり俺のチンポをクチの中に納め、
「ぐっ・・・に、苦いね・・。」
とすぐにクチから出してしまった。
「苦いだろ?それも病気のせいなんだよ。嫌ならいいんだよ?カズ。」
「そっか、病気のせいで苦いのかあ・・。おにいちゃん、かわいそう・・。」

心なしか、カズの声が震えているように聞こえる。
それはあれか?病気の人を労わるフリか?可哀相だって泣いてるのか?

カズは下を向いたままそっと目の周りを手でぬぐうと、
「僕、がんばるよ!」
とまぶしいほどの笑顔でこっちを見上げ、ニッコリと微笑んだ。


その愛らしい笑顔を涙と羞恥心でグチャグチャにしてやりたい。
今気がついたがどうやら俺はドSのようだ。
この後どうやって義弟を鳴かそうかと、そればかりを考えていた。

俺のはちきれんばかりのチンポは、早く早くとせかしているように
ピクピクと動いている。
動いているチンポを見て、自分で何かを考えたのだろう。
カズは俺のチンポを急にペロペロと舐めだした。
「う・・・!」
我慢していた俺のものは、急な刺激に驚きいっそう血液をかけめぐらせる。
「おにいちゃん、どう?痛くない?」
舌を出してピチャピチャといわせるカズ。
今すぐ頭を押さえつけて喉の奥にツッコンでやりたくなった。