※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こ・・・降参!・・こうさんー!!」

「寂しいって認める?」

「み・・認める!」

やっとのことで開放され、絶え絶えの息を整えた。

「もー、息できないじゃな・・!!」

いきなり口を塞がれる。

何が起こったのか分からなかった。

顔が近い。

「!!・・んっ・・・はぁ・・ん・・・」

舌が進入する。

驚いて思いっきり突っぱねようとしたが力が入らなかった。

ピチャ・・・ピチュ・・・舌を絡め、どちらの物とも付かない唾液が口元を伝う。

嫌なはずなのに、唾液なんて飲みたくないのに、なんか・・・変だ。

暫くすると兄が離れた。

「・・・兄ちゃん・・・いま・・の・・」

見ると兄の顔はかなり上気している。

きっと僕も同じ顔をしているのだろうな、と思った。

「ごめん。くすぐられてるの見てたら、ちょっと変になって・・・」

沈黙。 先に口を開いたのは兄だった。

「ねえ修斗」

顔には何時も通りの笑顔が戻っている。僕はどうだろうか・・・。

「何?」

「自慰行為ってした事ある?」

「じい・・・?」

「そう、ここをね」

言ったと共に兄が覆いかぶさり、ズボンのファスナーに手をかけた。

「ちょっ!ちょっと何してるのさ!!」

「何って、自慰行為の説明。」

何でそんな質問するの?と言った様なきょとんとした顔で見つめながら、その隙を逃すはずも無く、ズボンと同時にパンツまでずり下ろされた。

「くすっ・・・さっきのキスでかな?ちょっと勃ってる」

「見ないでよ!ぅわ!ちょっと・・・触るなー!!」

「体験学習体験学習!」

こっちは恥ずかしくて死にそうだと言うのに、なんだか兄は楽しそうだ。

「ひゃっ!・・・あっ・・・」

兄の手が上下するたびに変な感覚にとらわれる。

何だ?

「こうすると気持ち良いでしょ?」

「わ・・分かった!・・・分かっ・・たか・ら・・もうやっん・・」

不意に兄の手が離れた。

「じゃぁ、ちゃーんと分かったか見ててあげる。」

「ふぇ・・・?」