※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スポーツ万能の相沢の身体は細くって、でもカッチリとした筋肉がついていた。
あたたかくて頼りがいのある胸に抱かれながらも、辺に冷静で
ボンヤリとそんな事だけを意識していた。
脳みそが考える事を拒否してしまい、抱き締める腕と、胸の感覚だけが全身を包んでいく。
「てっきりイヤがられてるのかと思ってた・・。」
「・・・・え・・・・・?」
俺の身体を包み込む腕に力が入る。
何だ?
何が起こってるんだ??
これはどういう状況なんだ???
何で俺は相沢に抱かれてるんだ????
相沢は何でこんなに喜んでるんだ?????
俺はまだ自分の状況と、相沢の言っている意味を理解できずにいた。
「・・・あ・・・いざわ・・・?」
「・・・・拓海・・・。」
俺より背の高い相沢の端正な顔が見下ろしている。
相沢の胸に押し付けられていた後頭部を押さえる手が緩まったと思ったら、
その顔が徐々に近付いてきていた。
「あ・・・っおい・・・!」
顎をついっと上げられ、今までで一番鼻先が近付いている。
「あ・・・え・・・・ちょ・・・!」
オロオロしながら相沢の胸を押し返そうとしたが、そんなわずかばかりの抵抗はないも同じだった。
むしろ相沢の欲望に火をつけてしまったようで、背中に回された左手に力が入り
痛いくらいに抱き締められていた。

相沢の鼻が俺の鼻先にあたる。
現状を把握出来ないまま、俺の唇は塞がれていた。
「・・・・・・・・・・・・!!」
微かに震える相沢の端整な唇が俺に押し付けられ、やがて俺のクチの中へと入ってくる。
初めての経験で呆然としている俺をリードするように、相沢の舌は俺の口内を犯していった。
「・・・・・・・!ん・・・!・・・んぅ・・!」
ちゅっ・・ちゅっ・・という音が自分の身体の中から聞こえ、ぬるりぬるりと口内の粘膜を刺激する。
さっきまで抵抗するために押さえていた手は、今は自分の身体のバランスを保つために
相沢のシャツを握り締めていた。
「・・・・ん・・ぅ・・・・!はぁ・・・・やめ・・・・!」
舌が絡み合うすきに言葉を発しようとするも、どれもまともなセリフにはならない。

相沢の舌が俺の口内を舐め回し、確認するように奥歯をなぞる。
ぬるぬると舌を動かしあい、唾液を交換しあっていた。
「・・・・・・っ!・・・・・・っふ・・。」
相沢の舌が俺を責める度に、俺はビクッとなって後ろに逃げてしまう。
経験した事のない感覚にとまどい、逃げるのが精一杯だった。
容赦なく俺のクチの中を蹂躙している舌は、親友の、しかも男のもの。
とまどいと罪悪感が湧きあがり、どうしていいのかも分からなかった。
頭の中とは裏腹に身体の方はこの感覚を素直に受け入れたようだ。
段々と息があがり、このやり取りに夢中になるに従って声が漏れていく。