※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺が逃げようと頭を後ろに下げるたびに相沢の手に力が入る。
後頭部をクッと持ち、逃がさないように前に出す。
長いような短いような時間、それは続いていた。
ふっと我に返り、一瞬唇を離す。
「も・・・・やめ・・・っ!」
シャツを掴んでいた手にもう一度力が入った。
俺の抵抗を感じたのか、相沢がやっとキスを止めてくれた。
それでも俺の目の前に相沢の顔がある事に変わりはなかったが。
「・・・・ん・・・?」
つり上がり気味のきれいな二重の目がじっと俺を見つめている。
相沢ファンの女の子達に見つかったら失神されてもおかしくない状況だ。

「・・・・ごめんな、拓海・・・。」
優しい声で囁かれ、身体ごと流されそうになる。
そう言ってる間も相沢は、俺の下唇をはむはむと味わい、舌で唇のラインをなぞっていた。
「・・・も・・・やめ・・・。」
「・・・なんで?おれ、ずっと我慢してたんだよ?」
「でも・・・こんな・・・こんなのって・・・!」
「拓海・・・?俺の気持ち、知ってるんだろ・・・?」
やっと相沢が唇を離してくれた。