※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・・・おしっこ出そう
唐突に訪れたそれに現実に戻される。
「にぃ・・にぃちゃん!兄ちゃん!!」
出せる限りの声で兄を現実に引き戻す。びっくりした顔で見つめる兄。
「と・・トイレ行きたい・・・」
「出ちゃいそう?」
「うん・・・」
兄の問いに情けなく答える。
「良いよ出しちゃって」
「え?」
そう言って兄は再び僕のものを口に咥えた。
出す?口の中に?

慌てて抵抗するも力が入らない。
兄は舌で先端を刺激しながら手をしきりに動かし、余った手で玉を包むように転がす。
「やっ!だめ!!飲んじゃだめぇー!!」
さっきまでとは違う荒く激しい動きに耐えられるわけも無かった。
「ひゃぁっ!あっ・・」
ジュブッ・・・

僕は呆気なく口の中に全てを吐き出した。