※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふんふんふふ~ん♪」

今日はお兄ちゃんの2○歳(割愛)の誕生日!
いつもお部屋から出てこないお兄ちゃんだけど、今日はぼくがお兄ちゃんのためにケーキを作ってあげるんだ。

「なかなか生クリームがふわっとしないなぁ…」

スポンジはきれいに焼けたから、後はお兄ちゃんが好きな果物を盛り付けて生クリームを塗るだけ。
でも生クリームがなかなかふわっとしない…

「む~!これでどうだぁぁぁ!」

ぼくは思いっきりボールを掻き混ぜまくった!
早く生クリーム塗りたいんだもん!!

「うわっ!?」

でも手がすべって、ボールが手から離れていく…
そして中の生クリームがぼくに向かってくる(スローモーション)

バチャバチャバチャ

「ふえ~…生クリームだらけになっちゃったぁ…」

頭からボールをかぶって、生クリームでべとべと。
ぼくはダメだなぁ……

「あ…お兄ちゃん」

しかもお兄ちゃんが起きてきちゃった。
驚かそうと思ったのに…本当についてないよ。

「あれ…?お兄ちゃん?」

んん?お兄ちゃんの様子がおかしいぞ?
えぇ?ケーキがダメになっちゃった代わりにぼくをデコレーションする!?

「そんな…お兄ちゃん…んぁっ」