※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はい。おにぃ。」
「ん?なにこれ…?」
「…今日何月何日だよ?」
「今日?二月…バレンタインか!!」
「そーだよ」
「って、なんでお前が俺にくれるんだよ!!」
「もらいすぎて余ってんだよ!べ…別におにぃの為に用意したとかじゃねーからな!」
俺は弟がこっそりチョコを用意していたのを知ってる。
「そっか。まぁ、ありがと」「…ホントは…おにぃのために…」
「ん?」
「なっ、なんでもねーよ!」「ふふふ…ほんとはしってたよ。」
「……ばかぁ…」

「こんなにいっぱい食えるかな…」
「……別に食べなくてもいいし」
「嘘嘘。俺チョコ大好物だから。」
「そーなの?」
「うん。じゃ、いただきまーす」
ジーッ
「ん?もしかしてお前も食いたい?」
「…うん」
「そっか。ほら、あ~ん」
「ばか…(パクッ)…甘い…」
「ほら、口んとこ、ついてるぞ」ペロッ
弟の口元についたチョコを舌の先で舐める。
「ひゃっ!ちょっと、おにぃ!」
顔真っ赤になってる。カワイイ奴。
「ん…うまいな…」
「もー!あ、おにぃもチョコついてる…」
「舐めて舐めて~」
「馬鹿にぃ…」