※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボーイフレンド(2)

sunny.氏

「あぁん…」
「いっぱい漏れてるな。」
ボクのあそこを丁寧に撫でながら徐々にしごきはじめる
シャカシャカシャカ…とエッチな音を部屋中に響かせながら絶頂に上りつめていく。
「あぁ・・・んあぁあ!い…いっちゃうよ…」
すると俊はしごきを止めて僕のあそこの根本を抑えていかないようにしてくれた
「浩一郎は1回しかいけないからな。」
「うん。」
「プツ」という音と共にボクのお尻の蕾に俊の指を入れてきた
「あん…。」
「ちゃんと慣らしてから入れるからね」
「うん…」
ボクの蕾の中に俊の指は既に3本も入って「クチュクチュ」と音を立てながらクネクネ動いている。
「そろそろ良いかな、入れるぞ」
「あぁん!!」
ボクの蕾は既に開花し、俊の大きな息子が侵入し、俊とボクはひとつに繋がった。
「入ったな。動くぞ?」
「はぁはぁ。早くぅ・・・」
「パンパン」と音を立ててボクの蕾を出入りする俊の息子。
「浩一郎…あぁ…ん…ど…どこに出して欲しい…?」
「お腹のうえぇぇ…あぁ・・いっちゃうよー。」
俊とボクは一緒に快感と絶頂に上りつめていく。
「いくぅぅぅ…」
「ピュクピュク」と激しい音を立てながらボクはお腹の上、首に果てた。


「くっ…い…くよ…」
俊はボクが果てたときの締め付けに耐え切れず絶頂寸前に
ボクの蕾から息子を出してお腹の上に大量の真っ白な樹液をぶちまけた。
「はぁはぁ…」
ボクと俊は余韻に浸りながらボクのお腹にあるお互いの樹液を指に絡めつけ
お互いの口に入れた。
「くちゃくちゃ…」音を立てて指を舐めあう。
うっとりした顔をして僕らはそのまま舌を絡めあった。

「良かったよ…」
「うんw」

後処理は全て俊がしてくれた。