※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チョコ妖精(6)

著者不詳

人生オワタ!
オレは天井に荒縄を括りつけていた。
「青年。逃げるでない。そんなことをされては、我の『研修』が終わらぬ」
「じゃあ冥途の土産に聞いておこうかな。『研修』って何?」
「ふむ。要は、一人前になるために必要な訓練である。我の場合、延べ50年誰かを幸福から遠ざけておかねばならぬ」
「ふうん? そうするとどうなるの?」
「悪魔にもコミュニティがあってな。そこから一人前として認めてもらえるのだ。すると、他の寄生先を斡旋してもらえたりするわけだ。別にそうしなくとも死にはしないが、我はそうすることにした」
「で、オレに白羽の矢が立った、と」
「然様である。ここで青年、御主に死に逃げられるようなことがあれば、我はまた次の宿主探しをせねばならん。はっきり言って、面倒である」
自分勝手なヤツめ。いや、悪魔だしそれでいいのか?
「まあ、生かさず殺さずの心構えで行くから、覚悟せよ」
「……イヤだ」
さて、準備万端。吊るか。ごめん、オカン。
ぎしっ…… 縄が軋む。だんだん脳への血流量が減ってきてる。意識が朦朧としてくるから、わかる。あ、だんだん苦しくなってきた。息してないからね。そりゃね。
でも、これも意識が途絶えるまで。そうしたら何もかもわからなくなるのさ。ほら、今聞こえたブチって音も聞こえなくなる…… ブチっ?
「青年。未だ未熟であるとはいえ、我は悪魔ぞ? 嘗めてもらっては困る」
縄、切られたらしい。オレは死ぬこともできないのか?
「そーだよ、おにーさん。ぼくと一緒にずっと暮らそうねぇ♪」
断る。


死ぬことも諦め、仕方がないので茶を淹れる。実家から送られてきた静岡茶は、なかなかいい香りで心を癒す。
人はソレを、焼け石に水、という。あはははは。
「ところで、悪魔? オレとそこの妖精との関係は、ほっとくのか?」
「然様。対象が人間である以上、妖精に手出しはできぬ。なにより、我が恩人であるところの彼に手出しをするつもりは毛頭ない」
悪魔にも義理くらいあるわ、と胸を張ってみせる。あ、コレはコレで可愛いかも。つれない顔をしてるからか、時々見せる表情がなかなか萌え…… いや、なんでもないぜ?
「おにーさん、おにーさん。お茶請けがきましたよー」
手を振る妖精。なんか通常の3倍幸せそうだ。あ、ソレを見る悪魔も得意気だ。
「はいはい。ほら、こっち来い」
膝の上に呼んでやる。重みと、暖かさと、甘い香りがオレを誘う。……あ、なんかもうコレでもいいかも。
3人で茶を啜る。チョコ妖精に口付けしつつティータイム。なんかおかしい気がするが、しかしこの部屋ではコレがデフォルトになっていくのか。
まぁ、コレはコレで幸せな気もするし…… ……
おい。オレは今何を思った?