※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)ブーンに弟ができたようです

クロイチ氏

彼は、普通の学生。
ちなみに童貞。
名前は内藤ホライゾン。あだ名はブーン。
産まれてすぐに母親を亡くし、父親のひろゆきと暮らしている。
いや、暮らしていた。
ある日、引き篭り気味だったひろゆきが、たまたま誘われたパーティで知り合った女性と惹かれ、両想いになったという。

回想…
( ̄ー ̄)ニヤリッ「ホライゾン、再婚したいんだか」
( ^ω^)「別にいいお」

ブーンは父親の再婚など、別にどうでもよかった。
父親が再婚したところで、自分に恋人ができるわけではないからだ。
そんなことを思いながら、ブーンはひろゆきが再婚する相手とその子供と、初めて顔を合わせることになった。
( ^ω^)(ヒッキーの親父が外食してまで好きな人に会うなんて、恋は凄いお)
( ̄ー ̄)ニヤリッ「おっ、来たみたいだぞ」
ひろゆきが笑って、目線をずらした。
釣られてブーンもその方向を向く。
ブーン達の元へ歩いてきたのは、優しそうな顔をした女性だった。
J('ー`)し「こんにちは。星野葉々子です」
葉々子は軽く頭を下げて微笑む。
そんな彼女の後から、ひょこっと男の子が顔を出した。


「…ひかるです」
えへへへっとはにかみながら、恥ずかしそうに挨拶をした。
つぶらな瞳が、ブーンに笑いかける。
重なる視線と視線。
( ^ω^)(うはっwwwテラモエスwwwww)
ブーンは一目で恋をした。

入籍を済まし、葉々子とひかるが家に来て一週間。
ブーンは悶々としていた。
恋愛対象は女性。よくてもロリまでが許容範囲のはず…だった。
今は、ひかるが好きで好きで堪らない。
( ^ω^)「はぁ…」
('A`)「おいブーン、どうしたんだ?」
(´・ω・`)「水臭いよ。悩みがあるなら僕達に相談してほしいな」
休み時間ということも忘れて物思いに耽るブーンの所に、親友のドクオとショボンがやってきた。
勿論二人の名前もあだ名である。
ドクオは一生読男、ショボンは役所凡太という本名だ。
( ^ω^)「…親父が再婚したお」
ブーンがぽつりと呟いた。
('A`)「そうか…俺も両親が離婚してるからわかるぜ。急に母親とか言われても困るよな」
(´・ω・`)「複雑な心境だよね」
うんうんと頷いて、ドクオとショボンが共感した。
だが、ブーンが気にしているところはその先である。
こんなこと、いくら親友の二人にも相談はできない。


( ^ω^)「…はぁ」
ξ゜⊿゜)ξ「ちょっと!なに辛気臭い溜息なんかついてんのよ!」
(*゜ー゜)「内藤くん、どうかしたの?」
また誰かがやってきた。
ブーンの幼馴染みのツンこと広瀬つみれと、その友人のしぃこと並綾椎乃。
( ^ω^)「そうだお」
('A`)(´・ω・`)ξ゜⊿゜)ξ(*゜ー゜)「え?」
突然、ブーンが声をあげた。
皆が一斉にブーンを見る。
( ^ω^)「みんな家に来ないかお?」

正直なところ、ブーンは家に帰るのが億劫だった。
家に着くと毎日ひかるが出迎えてくれる。
見ず知らずの他人だったというのに、家に来たその日から笑顔で接してくれた。
けれどブーンはそんなひかるを家族や兄弟以上の感覚で見てしまう。
だから帰りたくなかった。
('A`)(´・ω・`)ξ゜⊿゜)ξ(*゜ー゜)「おじゃましまーす」
J('ー`)し「あらあらいらっしゃい」
にこっと笑って、葉々子が玄関にやってくる。
そして、二階からとたとたと足音を鳴らして、ひかるもきた。
「おにぃちゃん、おかえりなさぁい」
( ^ω^)「ただいまだお」
ひかるを直視できず、素気なく挨拶を返す。
( ^ω^)「母さん、リビング借りていいお?」


J('ー`)し「いいわよ。後でお菓子持っていくわね」
葉々子がキッチンに消えていく。
ブーンは黙って歩きだした。
ドクオ達はそれに続く。
「おにぃちゃん、宿題教え…」
パタン。と虚しい音を立ててリビングのドアが閉まった。
ブーンから半ば無視されるかたちで、ひかるは廊下に取り残される。
リビングからは、賑やかな声が聞こえてきた。

あれから数時間。
葉々子が夕食を振る舞って、ドクオ達は帰っていった。
家の前の道路まで皆を見送ったブーンは長い溜息をつく。
家に入り、重い足取りで階段を上った。
すると、自分の部屋のドアをが開いていることに気付く。
(;^ω^)「…?」
ゆっくりとドアを開けた。
中を覗くと、ベッドの上にひかるが横になっている。
(;^ω^)(なんでブーンの部屋で寝てるんだお?)
そおっと近付き、ひかるの顔を除き込んだ。
ひかるは泣いていたようだ。目元には涙の跡がくっきり残っている。
「…おにぃちゃん…」
ひかるが起きたのかと一瞬驚くブーンだったが、ひかるがまた寝息を立て始めた。
寝言だとわかって胸を撫で下ろしたが、悲しそうなその寝言に、撫で下ろした胸が締め付けられる。


( ^ω^)「ごめんお…ひかる」
ベッドに座り、ひかるの寝顔を眺めてみた。
起きるか起きないかという好奇心から、髪を触ってみる。
( ^ω^)(キスしたら起きるかお…?)
好奇心は更に加速し、ブーンに黒い欲望が生まれた。
ブーンの顔が、ひかるに近付く。
段々と段々と、顔と顔とが密接していく。
そして遂に、唇と唇が触れた。
( ^ω^)(唇柔らかいお。これはきっと舌を入れても起きないお!)
理由のない確信はブーンの欲望を加速させた。
唇と唇を重ねたまま、ブーンは舌をひかるの口内に滑り込ませていく。
しっかりと結んでいたわけではないひかるの口は、簡単に舌の混入を許した。
( ^ω^)(ベロチューしても絶対起きないお!!)
ブーンはひかるの口内を犯す。
くちゅくちゅと厭らしい音が、部屋の中に響いた。
「ん…ひぁ!?」
ひかるが目が見開く。
口の中に舌を入れられたまま、目と目があった。
ブーンはゆっくりと舌を引き離す。
唾液と唾液が絡み合う淫らな糸が引いた。
「えっ?なに?おにぃちゃん?」
(;^ω^)「……ごめんなさいお!!」
ブーンはベッドから飛び下りて、土下座する。


(;^ω^)「ひかるが好きで、ほんの出来心だったんだお!」
「へ?好き?」
( ^ω^)「うん」
不安げな顔していたひかるの顔がぱぁっと明るくなる。
「ぼくもおにぃちゃん大好きっ!」
笑ってひかるは言った。
「ぼくね、ずっとおにぃちゃんが欲しかったの。だからおにぃちゃんができてうれしかった」
( ^ω^)「でもブーンは、ひかるを兄弟以上に好きになってしまったんだお!!」
「ふぇ?ぼくもおにぃちゃん、大大大大大だぁい好きだよ。ブーンってするの大好き!」
ひかるはブーンに抱き付いて、頬にキスをした。
その行為に興奮したブーンは、ひかるをベッドに押し倒す。
( ^ω^)「ちんちんおっきしたお!気持ち良くするって約束するからブーンと良いことするお!」
「気持ち良く?うん!してして♪」
何をするのか知るわけもないひかるは、嬉しいそうにブーンに身を委ねた。
ブーンは瞬く間に互いの服を脱がせ、全裸になる。
時に撫で、時に揉み、ひかるの全身を愛撫するブーン。
「ふぇ…あ…うぅん…」
( ^ω^)「気持ち良いかお?」
「なんか…くすぐったくてぇ…変な感じ…」
顔を赤くして、ひかるは答える。


ブーンはひかるの親指ほどしかない小さなそれに手を伸ばした。
優しく摘んでみる。
「あ!なにするの!?」
( ^ω^)「ひかるのちんちんおっきしているお。おっきするのは普通のことだお。そしておっきしたらこうするお」
そのままゆっくりとひかるのそれを上下させていった。
ビクッと身悶え、ひかるは熱い吐息を漏らす。
「ふあぁぁ…」
( ^ω^)「気持ち良いかお?」
「…うん」
ブーンは更に続ける。
次第に擦る速度は速まっていき、ひかるは息を荒くして涙目でブーンを見た。
「おにぃちゃぁん…おしっこ出ちゃうぅ…」
( ^ω^)「出していいお」
「あっ!や…はぁ……」
精通を迎えていないそれからは、絶頂を越えただけで精液は出ない。
ひかるはぴくんぴくんと体を震わせて、そのまま疲れて眠ってしまった。
( ^ω^)(流石に合体まではできないお。後でセルフフェラするお)
ティッシュでひかるのそれと周りを拭き、服を着せると、布団を被せる。
ブーンは暖かい眼差しでひかるを、一晩中眺めていた。

「いってきま~す!」
( ^ω^)「いってきますお」
J('ー`)し「いってらっしゃい」
ブーンとひかる、二人は一緒に登校する。


だが、家の前ですぐに別れてしまうのだが。
( ^ω^)「いってきますのチューをしてほしいお」
「はぁい。……ちゅ。それじゃあバイバイ!おにぃちゃん!ブーン♪」
頬に一つキスを落とし、ひかるは走っていった。
⊂二二二( ^ω^)二二⊃「ブーンも今日一日頑張るお!ブーン!!」




おしまい