※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西野(2)

著者不詳

「大丈夫、抜いてやるだけだって。怖いこたねーよ」
「この格好させられてる時点で充分だろ!」
まあそれもそうか、と納得した。けれどここで止める気など毛頭なく、さてどうしたものかとしばし考える。
「お前、他人に抜いてもらったことある?」
「ッ、バッ…!な、んつーこと訊…ッ」
「まあな、ねえよな」
耳まで真っ赤になりながら口をぱくぱくさせる姿が意外にも可愛らしい。一瞬、本気でぐらつく心を抑えて
言葉を続けた。
「女にされるより、男のほうが気持ち良いぞ?どこで感じるのか解ってるからな」
ゆるく勃ちあがったソレ、に軽く指を絡ませる。んっ、と思わず小さく吐息をこぼした西野は、
余程恥ずかしかったのかさらにもう一段頬を染めた。
もう片方の手で上着をまくりあげ、なめらかな肌に舌をすべらせた。胸を何度か甘噛みしてやると、そのたびに
敏感に体が震える。少し痛いくらいのほうが感じているようだ。
「や…ほんと、いいから…ぁ。な、あ…冗談、だ…ろ?」
「冗談で、男相手にこんなことするかよ」
冗談じゃなくて暇つぶしだけどな。とは言葉にせず、にっこり笑ってやる。
一旦下の愛撫を止め、しつこく胸を舌で攻め続けていると、手を触れていないのに西野の角度が増した。
素質あんなぁコイツ、と心の中だけで呟いて、更に強く攻める。


「……っふ…あ………ん、ぅ…く」
「一人でするのより、ずっとイイだろ?」
意地悪く問うと睨みつけられた。けれど、その視線もすぐに甘く蕩けていく。
必死で耐えようとしているけれど、刺激されることに慣れていない体は容易く陥落する。
指を、再び西野に添える。今度は少し緩急をつけ、イキやすいよう扱きはじめた。
「は……ぁ、はッ、は…あ、ぁ」
「良い声出すな、西野は。すごく艶っぽい、いい声で鳴いてるよ」
「ッん…、なこ…で、ほめ……れても、…れしくね…ぇ、よ」
「何言ってるのかわかんねぇよ。お前、感じやすいな」
「…っに言っ、……!あ、はァッ…」
硬度を増したそれを、更に強く扱く。神経の張り詰めている今の状態では、きっと気持ち良いというよりは
痛いだろうに、西野はやり場のない熱を口から逃がすように荒く息をついている。
「…ちょっと待て、西野。腰浮かしてみろ」
「は、ァッ……な、で…だ……よ?」
「もっと気持ちよくしてやるから」
根元をきつく握り、達するのを阻止する。苦しげにニ、三度喘ぎ、すがるような目で俺を見つめた。
「指、なめて」
「あ…?」


半開きの唇に指を突っ込み、もう一度うながすと憑かれたようにしゃぶり始めた。自分のものをくわえさせたら
どうなるんだろうか、とふと思いつくけれど、誘惑を押し殺して指を抜く。
俺の肩に寄りかからせるようにして、西野を中腰にさせる。後ろの、まだ誰も入ったことのないそこへ、西野の唾液で濡れた指を侵入させた。
「ッあ…は、ッ!?な、にす…、ッ」
「平気平気。すーぐ慣れるって」
指を出し入れするたびに、抑え目だけれど甘い嬌声があがる。経験の浅い体には、声を堪えられないほど刺激が強すぎるのだろう。
「西野、お前結構声デカい。…静かにしないと、人来るぞ」
「!…ッう………は、はぁ、ッ…、んぅ…」
今更気づいたのか、唇を噛み締めて声を我慢する。けれど指を曲げたり増やしたりすると、更に強まる刺激に堪えきれないようだ。
表情、吐息、嬌声。仕草の全てが、初めて男を味わっているとは到底思えないほど艶かしい。
「や…せ、…んッせ、ぇ……」
「ん…どした」
「は…ぁッ、う…は、ぁく…しろ…よ」
早く手を放して、根元の戒めを解けと言いたいらしい。快感に潤んだ瞳だけれど、最後の理性はまだしっかり保っている。
いい目だ、と思った。これからプライドをゆっくり壊してやりたくなる、反抗心をはらんだ目。
「…いいよ」
ずるり、と指の抜ける感触に体を震わせ、西野が小さく喘ぐ。