※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴之と貴司(1)

著者不詳

その年の春、就職した兄さんは初任給で家族を食事に招待してくれた。
初めて食べる本格的な中華に僕は緊張しっぱなし。
「貴司、うまいか?」
「う、うん」
10こも年が違うと、スーツを着た兄さんはとても大人に見えて、なんだか
ちょっと誇らしい気持ちになる。
「貴之、おまえ始めての給料でこんなに使って大丈夫か?」
お父さんがちょっと心配そうに聞いる。
よく考えたら、ここって高そう。僕ら家族だけで1部屋を使ってるし。
「大丈夫だって、まぁ、毎月はむりだけどさ」
お父さんも、お母さんもとってもうれしそう。もちろん僕だってうれしい。
「貴司は、焼肉のほうがよかったかもな」
ちょっとだけほんと言うと味がわからないくらい緊張してるし、焼肉のほうも惹かれる。
でも、兄さんがご馳走してくれるんだもの、おいしくないわけ無いよ。
「おいしいよ」
「俺も人のこといえないけど、こういうのもとかもちょっと
慣れとかないとだしな。焼肉はまた今度な。」
「でも、外の夜景きれいだし」
僕は手を止めて窓の外に広がる景色を見た。窓の外に広がる夜景が、
春なのにクリスマスツリーみたいっておもちゃっう。発想が単純かも。
「だろ?友達にここがすっごくいいって聞いたからさ、絶対ここにしよって
決めてたんだ」
さっと顔が熱くなるのが自分でもわかる。
ねぇ、兄さん、友達ってあの女の人?