※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴之と貴司(4)

著者不詳

「貴之」
貴司が出て行ったドアを呆然と見ていた俺にお袋の声がかかった。
振り向くとお袋と目が合う。全部ばれていそうな、そんな目で見つめてくる。
「なに?」
そのままお袋はアゴを軽くドアのほうに動かして見せた。
なるほど、やっぱりお袋にはバレバレなんだな。全く頭が上がらない。
「あなた、これ、おいしいわよ。冷めないうちにいただきましょう」
お袋に感謝しつつ俺は席をたつ。
「俺もちょこっと飲みすぎたみたい。トイレいってくる」
「行儀悪いぞ」
「悪い」
親父の注意もそぞろに、俺はトイレに向かった。
トイレに着くと、貴司はぼんやりと鏡を見ているようだった。
声をかけようと近づき、俺は貴司の目の端に光るものを見つけてしまった。
「……貴司」
「なんでもない」
驚いたように振り返ると、ぐしぐしと袖で顔を力任せに拭いている。
「なんでもないってことないだろう。どうしたんだ?」
俺はそっと貴司の頭に手を置き、あやすようにポンポンとかるく叩いてみる。
いつもなら、そうしていると笑顔になる貴司も今日ばかりはちがっていた。
急に折れの手を払ったかと思うと、両手でギュッと胸元に握りこまれ、
強い視線が俺の目を射すくめる。これ、ちょっとヤバいかもしれない。