※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴之と貴司(6)

著者不詳

さすがに俺も不意を衝かれてびっくりしてた。そのせいか、声が酷く抑圧
された感じになってしまって、貴司を威圧してしまったかもしれない。
「貴司、お前なんか勘違いしてないか?」
謝るのは俺方なのに。
「・・・」
がっくりと肩を落とし、うな垂れる貴司の頭を再びポンポンと叩いた。
「誤解しているようだけど、里美とは何でもないんだぞ?」
貴司のからだがピクリと動いた。
「それに、ココを聞いたのは里美からじゃないし。」
「ほんと?」
どっちに対してだ?という言葉を飲み込んで俺は答える。
「ああ」
「兄さん、ほんとうにごめんなさい。」
「ま、ちょっとだけびっくりして理性が飛びそうだったけどな」
本当のことを言うと、過去形じゃなく現在進行形だったりするのだが。