※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴之と貴司(10)

著者不詳

貴司の不意打ちに、もう俺も顔を引き締めているのはムリだった。
抱き寄せていた手を離し、そっと口元を押さえる。顔が熱いのが判る。
「そっか。……俺もだ」
それが、そのときできた精一杯の言葉だった。
「くす」「ははは」
二人とも恥ずかしさでおかしくなってて、笑いがこみ上げた。
そんな貴司の笑顔をおれはかけがえのないものだって思えた。
これを手放すなんてムリだ。
「いこっか」
「うん」
はたから見てどうみえるだろう?トイレから手をつないで出てくる兄弟。
ま、まわりからどう思われても全然気にしないし。顔は赤いけど。
いつか理性を超えてしまうだろう。そしてまた貴司を傷つけてしまうかもしれない。
それでも、俺はこの手を離せないだろう。決して離せないだろう。