※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆーちゃんときーちゃん

著者不詳

「ねえ、ゆーちゃん」
「んー?」
 『図解・シールド工法』とかいう本を寝そべって読んでいたきーちゃんが、突然僕を呼んだ。ときたま「あはは」と笑い声を上げてたが、笑える本なんだろうか。
「チューしよっか」
「あ、ちょっと待って」
 僕は開いていた算数のドリルを閉じて向き直った。
「ん、いいよ」
「じゃ早速」
 四つんばいで這ってきたきーちゃんが、僕の唇にチューをする。
 僕はゆっくりと自分から唇を押し付けていった。
 口が少し開けると、唇の粘膜同士がぬるぬるとこすれあうくらい。
「ん…んちゅ…」
 きーちゃんのベロが、僕の口の中ににゅるりと滑り込んでくる。
 きーちゃんがさっき飲んでた、オレンジジュースの味がかすかにした。
 僕は唇できーちゃんのベロを挟み、チュウチュウと吸い上げる。
 きーちゃんはちゅぽんとベロを引き抜いて、今度は口の周りをチロチロとベロの先でなぞるように舐めてきた。

 きーちゃんは小さい頃からチューが好きな子だった。
 はじめてチューしたのがいつなのか思い出せないくらい前から、僕らはしょっちゅうチューをしてきた。
 男の子同士でチューするのはヘン、って知ってからはちょっと恥ずかしくなったけれど。
 それでも、きーちゃんがお構いなしにチューしてくるのを拒むことはしなかった。
 だって、きーちゃんとのチューはすっごく気持ちよかったから。
 今では、僕も余計なことは気にせず、きーちゃんとチューするのが当たり前になっていた。


 いつの間にか、僕が床の上に仰向けになり、その上にきーちゃんがのしかかる体勢になっていた。
 きーちゃんは身体が小さいからたいして重くない。
 ボクの顔の上で、きーちゃんは口を開けてベロを突き出した。
 ベロに沿って、きーちゃんの唾がつつーっと降りてくる。
 僕もベロを伸ばして舌先をくっつけると、唾はそのまま僕の舌の上を流れて、口の中へと注ぎ込んできた。
 それをじっくり味わってから、ごくりと飲み込む。
 そしてまた、僕ときーちゃんはベロとベロを絡めあった。
「はふぅっ、んふ、んっ」
「くふっ…ん、ちゅっ…」
 きーちゃんのベロは、僕の歯茎や上あご、ほっぺたの裏などを休みなくぺろぺろしてくる。
 目を閉じると、きーちゃんの唇と舌の感触がよりはっきりと感じられた。 
 もう15分くらいチューしてる。どれだけチューしてもやめたくならない。これが愛しいってことなのかな。
 一度目を開けたら、きーちゃんと目線が合った。
 きーちゃんの目は、相手を見ているようで、相手の心の奥にある何かを見ているような目をしている。
 僕の中には何がある?今はきっと、きーちゃんがいると思うよ……。

「……ぷはぁ」
 さすがに疲れて、どちらからともなく唇を離すと、僕らの口の間に唾の橋がかかった。
「うん、満足満足」
 そう言って、きーちゃんは手で唇をぬぐう。
「ねえ、きーちゃん」
「なーに?」
「きーちゃんは僕が好きなの?それとも単にチューが好きなだけなの?」
 僕の問いに、きーちゃんは即答した。
「ボクはゆーちゃんとのチューが大好き。それじゃ、だめ?」
 あの不思議な瞳で僕を見つめ返してくる。
「それで、いいか」
 僕はもう一度だけ、きーちゃんに軽くチューをした。