※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

著者不詳

空を切り取ったのは、分厚いコンクリートの壁。
閉ざされた箱庭で、少年は独り、胸を焦がす。

月を射る瞳。
肉欲に咽ぶ体。
日毎に爛れゆく純潔。

兄が求めるのが、この体だけでも構わない。
この体越しの、誰かの影に愛を呟いていたとしても。

音も無く開かれる扉。
静寂を食む鼓動。
いらっしゃい兄さん、今日も僕を好きにしてね……