※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奉仕

著者不詳

部屋の隅に焚いた桃の香が焦げ落ちる。
ベッドに腰掛けた少年は、膝の間に顔を埋めるもう一人の少年の奉仕に
恍惚の色を隠せずに居た。
だらしなく開かれた唇は唾液で濡れ、
時折奉仕の様を見下ろす瞳もまた、淫蕩な光を帯び、切なげに濡れていた。

卓越した技巧。
片手で睾丸を弄びながら、窄めた口で陰茎を蹂躙する。
舌の先を硬く細く、陰茎の裏をなぞる。
カリの段差に当たる部分を一周すると、尿道を優しく舐め、
今度は舌を広く使う。
舐め、甘噛みし、吸い込むように全体を擦りあげる。
口の中に溜めた唾を啜る、酷く暴力的な効果音が、興奮を促す。
奉仕をしている少年もまた、時折快感に体を震わせる。
硬く勃起した陰茎を両足で擦られている。
指先の爪で、指の股で、ひび割れも知らぬ柔らかな足の裏で、僅かに硬いかかとで。
それは口での奉仕に比べると些か乱雑なものであったが、
両足に挟まれた少年の欲望は放出寸前の様相で、
睾丸を収縮させる。
「全部、飲むからね。…兄さん、このまま出したいでしょ?」
口を離した少年の声は、快感と恍惚に嗄れている。返事も待たずに再びくわえ込むと、壊れた玩具のように
前後のスライドを早めた。

漏れる声と、跳