※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕はお兄ちゃんが大好きです

そう言われたのは数日前
突然の告白だった
答えは出ていた。それでもその答えを口にする事は無かった。

兄弟だから…

何故あの時繋ぎ止めなかったのか
何故自分に嘘をついたのか
全ては弟の為だと思ったから、それなのに


「遅くなってごめんな、俺も大好きだよ…」
その言葉は届いただろうか。
部屋には機械が命の灯火を伝える音だけが響いている