※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

博士「ショタレンジャー!緊急任務だ!ただちに集合してくれ!!」

レッド「なんだなんだ!?怪獣出現か!?」
博士「いや、今回の任務はこのスレの埋め立て支援だ!」
レッド「なんで、そんな事俺たちが~・・。」
博士「こういう事もショタレンジャーの修行の一環になるんだ!」
レッド「はぁ・・分かったよ。よし!皆埋めたて支援だ!」

イエロー「レッドお兄ちゃん~。僕、もう眠いよぅ・・。」
レッド「我慢するんだ。終わったら一緒に寝てあげるからさ。」
イエロー「ほんと!?レッドお兄ちゃん、だ~い好き!!」
イエロー、レッドに抱きつく。
レッド「ほらほら、皆が見てる前で・・しょうがないなぁ。(照」
ブルー「相変わらずラブラブだねぇ。お二人さん。」
イエロー「レッドお兄ちゃん、とっても暖かいよ・・。」

博士「いいから、埋め立て支援するんだ!ショタレンジャー諸君!!」
ピンク「うるさいわねぇ・・。夜中に出番なんてお肌に悪いじゃないのっ!もうっ。」
そういって、ピンクは博士の猫耳をいじる。
博士「はぁっ・・いやぁ・・・っ・・やめぇ・・てぇ・・・。はぁ・・・ん。」
ピンク「相変わらず、耳が弱いわねぇ、博士。ウフフ。」
ブラック「おまえ、もう普通に女言葉になってるな・・。」
ピンク「いいじゃないの。こっちの方が楽なのよー。」
ブルー「はぁ・・・。そうですか・・。」

博士「とりあえず、全員集合したところで、埋め立て支援をどんどんいくぞ!!って・・あっ・・いやぁ・・やめぇ・・。」
ピンク「ウフフ、面白いわぁ。」
ブラック「そのくらいにしておけ・・・。」
博士「ひどいですよ・・。、もうっ・・・。」
ピンク「は~い。じゃー埋め立てどんどんいくわよー!」
ブルー「よし!」
イエロー「いっくよー!」
レッド「ショタレンジャー出動だ!」
レッド「ショタレンジャーロボ!なのー1号発進だ!」

博士「ショタレンジャーロボ!なのー1号スタンバイ!」
レッド「みんな!いくぞ!ショタレンジャーロボ!発進だ!」
全員「行くよー!!」
博士「ショタレンジャーロボ、ショタショタ光線発射用意!!」
説明しよう!ショタショタ光線とは、夜中寝ている人が浴びると、皆ハッピーなショタ萌えな夢が見られる光線なのだ!
博士「もうすぐスレが終わる!頼むぞ!みんな!」
全員「はい!」
ショタショタ光線のエネルギー源はショタレンジャーなのだ!

レッド「ダメェ・・」
イエロー「僕っ・・・。」
ピンク「男の子・・っ・・。」
ブルー「だよっ・・・。」
ブラック「あ・・・んっ・・・。」
博士「エネルギー充填完了!!発射!!」

博士「ふう・・・。前スレ埋め立て支援作戦は無事完了したようだね。」
ピンク「まったくもう、夜中はできるだけやめてよねー。えぃっ!」
また博士の猫耳をいじる。
博士「あっ・・ん・・だから・・やめてくださいってば・・・はぁ・・・んっ」
ピンク「何よ。ベットじゃ私にもっと激しくするのに。」
博士「!!!!なっ、なんでそんな事ここで言うんですか!?」
ピンク「何よ。事実を言ったまでじゃないの。」
博士「そっ・・・それは・・。」

レッド「むこうは盛り上がってるみたいだな。」
イエロー「レッドお兄ちゃ~ん。僕もう眠いよ~。」
レッド「じゃー俺たちもそろそろ寝るか・・。でもすぐは寝れないかもな・・。」
イエロー「///もうっレッドお兄ちゃんのいじわる・・・。でも大好き。」
レッド「俺もおまえが大好きだよ・・。じゃー部屋に行くか。」
イエロー「うんっ!」
レッド「それじゃー皆おやすみ!」
ピンク「私達も寝るわ。おやすみ~。ほらっ行くわよ!」
博士「はい・・・。」

ブルー「やれやれ。」
ブラック「ほんと、あいつらは元気だねぇ。」
ブルー「でも嫌いじゃないんだろ?」
ブラック「うん?まぁね。でも・・・。」
ブルー「ん?何?」
ブラック「俺が一番好きなのは、おまえだけどな。」
ブルー「俺もだよ。」
そう言って2人はキスをした。
ブルー&ブラック「んっ・・・はぁ・・・。」
ブルー「寝るか・・。」
ブラック「ああ・・・。」
そういって二人は同じ部屋に消えていった・・。
「番外編埋め立て支援編」 終わり