※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ッ・・・何すんだよ・・・・」
「うるさい、少し黙れよ。表だけの腹黒ゲス野郎が。」
彰は秋の変貌振りに驚きを隠せない。
これが秋、あのスミッコで一人でぼー、としていた秋。
何を考えているかわからない秋・・・・いつも黙りこくってきもちわるい秋・・・
彰は秋の事に関してフラッシュバックするが、相手のことなど全くわからない。何せいつも黙りこくって自己主張をしないのだから。
そう考えると彰はこれから何されるのかと恐怖を覚え、顔が青ざめる。
「秋・・・・俺に何するんだ・・・・」
「・・・・とても気持ちいこと・・・そして絶対服従するまで・・・調教してあげる。」
秋がにっこりと優しく笑ったが、逆に彰はその笑顔で怖がる。
「ははは・・・怖がってるの?・・・・この程度で怖がるなんて・・・泣いちゃうかもね・・・」
そう秋が言うと彰の首筋を舐める。彰はビクッっと体を強張らせた。
秋は器用に彰の服を剥がす。その服は縛ったロープに引っかかったが。その服でさらに腕を縛った。
彰の白い肌が露出される。
「な・・何すんだよ!!」
「その口少しうるさいね。黙って。」
そういうと秋は彰の口に布を縛りつけた。
「んーーーッんーーーッ」
「まだうるさいなんて・・・ホントあきれるよ。」
秋がそういうと彰の胸の突起を優しく舐めた。
すると彰はビクッと体をそり返した。