※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず秋は調教セットの中で使えるものを手当たりしだい探す。
「いろいろあるなぁ・・・・俺好みの姿にしてやるか・・・」
そういうと秋は箱から目隠しを取り、凛の目のあたりにつけて凛の視界を奪う。
そしてそこらへんに落ちてあった首輪をつけた。
「うぁ・・・・やだ・・・・やだやだ!外せぇ!!!!」
「外せって言われて外す奴いるかよ・・・・ほら・・・咥えろ。」
「うぁぁんぐむぅ・・・・」
秋は自分のそれを押し込み。凛に咥えさせる。
だが凛はそれを口から離そうとする
「んーーーーんんんんッーーー」
「だまって咥えろ。」
そういうと膝で腹を蹴った。
すると凛は少し抵抗をやめると、しかたなく秋のそれを奉仕する。
「ん・・・・ん・・・はむ・・・・」
「いい子だな・・・少し下手だけどな。」
凛は一生懸命に秋のを奉仕したが、秋がきもちよさそうな顔をしないので、いったん奉仕をやめて秋に聞いた。
「・・・気持ちよくねえのか・・・?」
「ふっ。まぁまぁだな。」
「・・・・チッ。何か悔しいわ。」
そういうと凛は奉仕を再び始めたが、さっきより上手になっていた。
これはぁ・・・・・やばいなぁ・・・・
秋がそう思いながら奉仕をさせていると、絶頂が近くなる。が、凛はそんなこともわからず、無我夢中で奉仕を続けた。

「あーやべぇ・・・」
「ん・・・?・・・・ん!!!!!!!!!!んんん・・・げほ・・・いきなり出すなよ・・・がッ、ぺっ」
凛が必死に秋が出した白い液体を吐き出そうとしているところへ。秋が質問をした。
「おまえ最初嫌がっていたけど・・・・何?本当はこういうこと好きなの?」
「ッ!・・・・好きじゃねえよ!!」
「その割には一生懸命やってくれたことだ・・・」
「・・・!!!!うるせえよ!!!!!!!!!」
その反応を見ていると、少し表情が穏やかになっていた秋の顔がさっきまでの不気味な顔に戻った。
『あー・・・・破壊欲・・・壊してぇ・・・』
そう体のどこかから湧き出す感情に秋はどんどん飲まれていく。
「何?そんなに女みたいなことが好きだってことか?それともただのMか?精液大好きなんですか〜??♪」
「う・・・好きなわけないだろ・・・・」
よし。プライド壊せるかな?
そう思いながら秋は言葉で攻める。
「でも結局そうだろ?さっきだって見られていったし俺のやつ咥えててもお前のやつずっと立ってたしな。どうせ淫乱なMなんだろ?」
「ちがうッッ・・・違うッッッ!!」
「違わないね。ここまで言われてるのにここ元気そうじゃん?」
そういうと秋は股間部分を触った。
「やッ・・・やめ・・・」
「くふふ・・・そうだなぁ・・・じゃあ試してみるか・・・・」
そういうと秋は首輪の鎖部分を持ち。ずるずると壁の方へ引っ張る。
「痛ッ・・・ぐ・・・何する・・・・」
「あんま意味なかったな〜・・・取るか。」
そういうと秋はあまり役立たなかった目隠しを凛からはずした。