※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねえヴェス」
「なんでしょうマスター」
「これからもぼくの傍にいてくれる?」
「もちろんですとも」
「じゃあ、ぼくをお嫁さんにして……」

 アルフレドが寝巻きのまま居間へやってくると、ヴェスが天井に逆さでぶら下がってぷらぷら揺れていた。
「ああっ、アルフレド様ッ!うへへうひひうひは」
 気色の悪い笑い声を出して、よだれをたらしている。変な夢でも見ているらしい。
 ヴェスを放置して、キッチンへ向かう。
 急にケーキが食べたくなったのだ。吸血鬼だってケーキを食べる。
「ありゃ?」
 冷蔵庫の中を開けたが、残っていると思っていたケーキが無かった。
「無いとなると、食べたくなるなぁ」
 アルフレドはそっとブラインドの隙間から窓の外をうかがう。
「今日は雨か、外に出ても大丈夫そう」
 おこづかいをポケットに突っ込み、お気に入りのレインコートを着込む。
『ヴェスへ。ケーキ買いに行ってきます』
 と、メモを残し、アルフレドは屋敷の玄関を開けた。

「ありがとうございましたー」
 アルフレドは、ケーキ屋でチョコレートケーキを3つ購入し、街の大通りに出た。
 人間は下等生物とはいえ、こんな美味しい物を作り出したことだけは尊敬に値するな。
 などと考えながら、傘を差して家路を急ぐ。
 そんなアルフレドの後ろを、そっと尾行する者があった。
 しかし、頭の中がケーキでいっぱいのアルフレドは、まったく気づかない。
 人通りの少ない町外れまで来たところで、尾行者は行動を起こした。
「なあ坊や、ちょっとこれを見てくれないか?」
「ん?なぁに?」
 声をかけられ、アルフレドが不用意に振り返る。
「!?」
 それを見た瞬間、アルフレドの体がずしりと重くなった。
「ふ、やはりヴァンパイアだったか!」
 男がアルフレドの前にかざしていたのは、銀色の十字架。
「ははは!高い金出して聖別した十字架を買ったかいがあったぜ!」
 普通の十字架程度では、吸血鬼の動きを封じるまでには至らない。
 しかし、力のある聖職者が聖化したものであれば、闇の眷属にとって脅威となる。
「お、お前、ヴァンパイアハンターか……」
「そうさ。いやあ、こんなところで見つけるとは思わなかったぜ。しかもまだ子供だ」
 ハンターの男が、一歩一歩アルフレドに近づいてくる。

「く、ぼくだって、やるときは、やるんだぁっ!」
 アルフレドは必死で傘を振り回そうとした。
 だがハンターはあっさり傘を受け止め、拳でアルフレドを殴りつける。
「ぐぁっ!」
 水溜りにアルフレドが倒れこむ。手からケーキの箱が落ち、男がそれを踏みつけた。
「へっ、あっけねぇな。ふむ、よく見たらなかなかきれいな顔してるじゃねえか」
 ハンターがぐいとアルフレドのあごを掴んで引き寄せる。
「ぶち殺す前に、ちょっと遊んでやるかぁ。くっくっく」
 アルフレドを担いで、無人の廃屋へと男は入っていった。