※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

龍神池の主【3】

written by 妖怪布団かぶり

正宗が家を出ようとしたとき、玄関先で近所の農家の人たちが集まっていた。
 正宗の祖父の武宗が難しい顔で相談を聞いている。
「梅雨だというのに、もう3週間も雨が降っていないんだ」
「木野さん、また雨乞いやってくれないか?」
「うむ、雨乞いはかまわないんじゃが……おや、正宗、出かけるのか?」
 武宗が気づいて声をかけてくる。
「うん、山に行ってくる」
「あまり遅くなるなよ。それと、龍神池には行ってないじゃろうな?」
「い、行ってないよ」
「ならいいが……今の時期は…の可能性が…」
 ぶつぶつつぶやく武宗を尻目に、正宗は家を飛び出した。

「来たか正宗」
 池のほとりに立っていたリュウが、正宗の来訪に微笑む。
「ここも水位が下がっちゃってるね」
 正宗は竜神池を見て言った。
「ああ、雨が降らぬ……降らせられぬからな」
「リュウちゃん、雨降らせるの?」
「昔は、雨が足りぬときは我が神通力で雨を呼んでいた。しかし……」
 リュウの端正な顔が曇る。
「今はもう力がないのだ。神は人の信仰の心を糧とする。だが、いまや困ったときのみ神頼み。願いがかなっても感謝すらせぬ」
「で、でも爺ちゃんや農家のおじさんたちはちゃんと……」
「そうだな。今やそれだけが頼りで生きているようなものだ」
 落ち込むリュウをみて、正宗は何とかしてあげられないかと思った。
「僕に何か出来ない?これでも爺ちゃんの孫なんだし」
「……出来ないこともない」
 リュウは正宗の頬に手を当てる。
「巫の力を受け継ぐ者の穢れなき精を受ければ、一時的にかつての力を取り戻せるやもしれぬ」
「せ、せい?」
「正宗、我とまぐわってくれぬか」
「え、ええーっ!?」

着物を脱いだリュウの肢体は、うら若い少女のようだった。
 ただ一点、股間に男である証がついている。
「正宗……」
 しなだれかかってくるリュウを抱きとめたものの、正宗はどうしていいか分からない。
 リュウの色気にどぎまぎするばかりだ。
「心配するでない。我が、導いてやろう」
「あっ……」
 しなやかな指が正宗の股間に伸びる。
「ふふ、まだ皮かむりか。可愛らしいの」
 リュウの言葉と、股間への刺激で正宗は真っ赤になる。
「ういやつ、ういやつ……ほうら、大きくなってきた」
 勃起した正宗に笑いかけると、リュウは正宗の乳首に舌を這わせた。
「んっ、あっ」
 つつーっと、舌は胸からお腹へ。へそに潜り込ませたあと、下腹部へ向かう。
「よく濡らさぬと、心地よくないからな」
「うああ……リュウちゃんが、チンチン、舐めてる……ひゃぁっ」
 竿に絡む舌に、正宗は溜まらずあえぎ声を上げた。
 包皮が唇で剥かれ、粘膜を刺激される。唾液が擦り付けられる粘着質な音が、正宗をますます興奮させた。
「ん、んふぅ、ねぶっておるだけで、我も、んちゅ、感じる……」
 リュウの性器も立ち上がり、鈴口にら雫の玉ができていた。