※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カズ:お風呂(9)

ばけつ氏

「・・・ほんと!?ほんとにない?誰とも?」
パッと顔を上げたカズが、うれしそうに聞いてきた。
「ないってば。ヘンなやつだなぁ。それがどうしたんだ?」
「なんでもない。おにいちゃん大スキ!」
そう言うと、俺の首に両腕をからませてきた。
ここまできてようやく俺は、「カズはやきもちに近い感情で質問していたのか?」と
推測する事が出来た。
初体験と言えども「本能的に行う恥ずかしい行為」という事は何となく分かったのだろう。
「検査」に対する真偽の程は確かめず、行為における自分の位置を確認するとは・・・
子供と言えど、侮れないなと感心してしまった。
男女年齢問わず、独占欲というのは怖いものなのだ。
俺は、俺の胸に顔を埋めたカズのおでこにそっとキスをしながら、
「にいちゃんもスキだよ・・。」
と優しく背中を撫でていた。


「・・・ほんと?僕のこと一番すき?」
「ああ。カズが一番さ。じゃないとこんな事しない。」
「・・・・・・にいちゃぁん。」
カズがいっそうきつく俺にしがみついてきた。
俺は長年のわだかまりが少しほぐれたような感じがして、
たまらなくなってしまった。
カズの細い顎を持ち、顔を上に向ける。
ぽってりとした愛らしい唇に吸い付き、カズの舌を舌でまさぐった。
シャワーの音に混じって、ちゅく・・ちゅぷ・・・という音が聞こえ出した。
クチから出された舌を舐め、カズの唇に沿って舌を這わす。
俺のヨダレをコクン、と飲み込むカズを見ていると、またたまらなくなってきてしまった。


「カズ・・。」
泡だらけのカズの身体を撫で回しているうちに、当然尻にも手が伸びた。
白くて柔らかいお尻のほっぺたを揉んだり撫でたりする度に、
カズの身体がピクン、ピクンと反応する。
「カズはスケベだなぁ・・・気持ちいいんだろ?」
「あ・・・やだぁ・・スケベじゃ・・・ないぃ。」
「そうかな?ならこうしても声は出ないよな?」
俺は意地悪くそう言うと、滑りのいい指でカズのアナルを撫で始めた。
「・・・・・・・・!!ん・・・・ぅ・・・っ!!」
クチをキュッとつむり声を出さないように我慢していても、執拗にアナルを撫でまさわれる度に
「・・・!ん・・・ん・・・・・・!はぁ・・っ!」
という吐息とため息が出続けた。


「んー?カズは我慢強いなぁ。これだとどうかなー?」
からかうように言いながら、カズの鼻先や唇をぺロリと舐める。
「ん・・・ぅん・・・・。」
と、ウットリしていたカズの身体が、急にビクンと飛び跳ねた。
何の前置きもなく、俺の指をアナルの奥まで突っ込んだのだ。
「・・・・・・・・・・・!!!!は・・・っ・・あ・・・・!!」
「あれ?今、声出なかった?」
ニヤニヤしながらカズの下唇にキスをする。
俺の指はアナルの中に消え、腸壁をさするようにくるくると回転していた。
「・・・・・んーーーーーーーー!ぅぅ・・・・ぅーーーー!」
俺の肩を握り締めた手に力が入る。
相当こらえているのか、カズの顔が赤くなってきた。