※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カズ:お風呂(10)

ばけつ氏

カズのアナルの中はあたたかく、さっきの名残かまだぬるぬるしている。
1本だけ入れた指を腸壁を伝うように肛門に向けて下ろしていった。
「ん・・・・んぅ・・・・・・・・っ!」
指をすぅーっと下に下ろしていくと、カズの背中もその動きに合わせてユックリと反っていく。
しかしカズが我慢出来たのはここまでだった。
またしてもいきなり指を増やしたのだ。
3本に増えた指は小さなアナルを圧迫し、カズの腹の中で暴れまくっている。
「ひ・・・!や・・!あ・・・・・あぁ~~~~っ。」
それでもさっきよりは小さ目の声で、多少は我慢しているように見えた。
「ん・・・・!あ・・・!あ!そん・・・・なぁ・・・・!」
ぐじゅっ、ぐじゅっ、と音が大きくなり、俺の指の動きに合わせて
カズのちんちんもピクンピクンと跳ねている。


俺はカズの耳元で、
「我慢できなかった子は、お仕置きだな・・。」
と、ささやいた。
上下運動をしながらこねくり回していた3本の指を抜き、カズを少し後ろに下がらせる。
いきり立った俺のモノをアナルにあて、すっかりほぐれたその場所に亀頭を突っ込んだ。
「・・・ぁ・・あーーーーーっ・・・!」
にゅりっ・・・とカズのアナルが大きく広がり、開かれた両足がヒクヒクと震えている。
ふとももの内側の肉がふるふると揺れ、その小さな振動は俺の身体にまで伝わっていた。
さっきまで俺につかまっていた両手で、自分の身体を必死に支えている。
後ろ手で支えていないとそのまま仰向けに転がってしまうからだ。
俺は亀頭だけを挿入したまま、しばらくカズの顔や反応を楽しむ事にした。


「おに・・・ぃ・・ちゃ・・ぁ・・・・。」
身体を支える腕がプルプルと震えている。
その振動も俺のチンポごしに伝わってきた。
カズのアナルは俺のモノを取り込もうとするように、きゅう、きゅう、と締め付けてくる。
亀頭だけ挿入したまま、チンポを少しだけゆっくり上下に動かすと
「いやぁ・・・も・・も・・・・っと・・・。」
と哀願する声が聞こえてきた。
カズお得意の涙目にもなっている。
ニヤニヤしながらカズの大きく開かれた両足の下、挿入部分を見て
「ん~?もっと?もっとどうするの?今日の検査はもう終わったしなぁ~。」
と意地悪な質問をしてやった。