※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カズ:お風呂(12)

ばけつ氏

じゅりゅ・・・っ
自分のモノが奥までめり込んでいく感覚と共に、カズの細い身体は俺の上にきていた。
再びさっきのように俺の肩にカズの手がかかる。
握り締めた両手に力が入り、腕全体がふるふると震えていた。
俺の下腹部にカズの可愛いらしいモノがあたり、ぴくぴくと跳ねている。
左手でカズの背中を支え、右手でカズのちんちんをそっと握ってやった。
「あ・・・!あっ・・!だ・・めぇ・・。」
きゅぅぅ・・・っと入り口が収縮し、俺のモノを締め付ける。
「・・・気持ちいい?カズ?」
「は・・・ぁ・・わか・・ん・・ない・・。」
「こんなにちんちん勃てといて、分かんないのか?」
「だっ・・て・・いっぱ・・・い・・・・っ!!!」
俺はニヤつきながらカズのちんちんの亀頭を軽く押さえたり、
カリの周りをクルクルと指でこすってやった。
「あ・・・!あ・・っ!あ~~~~。」


カズの腰がわずかに浮く。
右手の動きを止めて腰が下におりてきた瞬間、思い切り上に突き上げてやった。
「やぁ・・っ!!!あーーーーーーーー!!」
後ろに倒れそうなほどのけぞり、全身をカクカクと痙攣させるカズ。
ちんちんの先からは薄い白濁液の一部がひゅっと飛び出す。
その痙攣が収まらないうちに、右手でカズのちんちんをしごき始めた。
「あ・・っ!あっ!や・・・!や・・・ぁ・・・っ・・。」
同時に目の前にあるカズの肩から首筋にかけて、舌を出してにゅりゅ~~~っと舐めあげる。
「ふぁ・・・ぁ・・・あ・・!」
俺のモノを納めたままの腰が、ゆっくり前後に揺れ出した。
一度自分で動き出すと止まらなくなるらしい。
カズの腰の動きは大胆に、大きくなっていた。
にゅっ・・!じゅりゅっ!にゅりゅっ!


「や・・ぁ・・っ!だ・・めぇぇ・・。」
「・・・今度は上下に・・そうそう・・。」
「あぁ・・っ!あ・・っ・・もぉ・・・もぉ・・・!」
俺の首にしがみついたままゆっくり上下に動き出す。
じゅりゅっ・・・にゅちゅっ・・
柔らかくうごめく腸壁は俺のモノを締め付けながらぬるぬるの愛液を垂れ流し続けていた。
「カズは淫乱だな・・。意味・・わかるか?」
「ぃ・・いん・・ら・ん・・・?あ・・あ・・・。」
「スケベって事だよ。」
「・・!ちが・・・!ちが・・・もん・・!」
「そう言ってベトベトまんこ振りまくってるし。」
「・・・いや・・!止ま・・ら・ないぃぃ・・・・!」
「そういうのを淫乱って言うんだよ。」
「や・・・ぁ!いや・ぁ・・・あ・・。ちが・・ちが・・・ぅ・・!」


カズのちんちんはもう限界のようだった。
ピンと上を向いて張り詰め、はちきれそうだ。
腰の動きに合わせてちんちんを上下に擦ってやると、すぐに絶頂がやってきた。
「も・・・もぉ・・だ・・・だ・・めぇぇ・・・!!」
「ダメだカズ。」
俺はカズのちんちんの根元をグッと押さえた。
「や・・・や・ぁ・・・・・っ!」
「逝く時はちんぽって言いながら逝くんだぞ。」
「やだぁ・・・そん・・な・・・。」
「じゃ逝かさない。」
「・・・!!・・やぁ・・っ・・・やだ・・ぁ・・。」
「ちゃんと言う?」
「・・・・・・・・(こくん」


涙目で俺を見たカズは、ちんちんの根元を握られ動きを抑えられているのに
腰をゆるゆると左右に揺らしていた。
本当に我慢の限界なのか、頬は赤く染まり目はウルウルと訴えかけている。
「・・・しょうがないなぁ。・・ほら。」
カズのちんちんからパッと手を離す。
「あんっ!・・・・あ・・っ!あぁ~~。」
俺の手が離れるや否や腰を大きく上下に動かし、快楽の波に溺れていく。
ダラダラと垂れ続ける愛液は俺のちんぽを伝いお風呂マットに大きな水溜りを作っていた。
「あ・・っ!あぁ・・っ!もぉ・・!逝く!逝っちゃ・・・・!」
カズの亀頭の先の親指にくっと力を入れる俺。
「ふぁ・・!あ・・・!ちん・・ち・・!逝く・・ぅ・・
  ちん・ちんん・・っ!あ・・ぁあ~~~~!!!」


がくがくと全身を揺らして俺の右手に精液を飛ばす。
アナルはきゅうぅっと締まり、内壁は一層うねうねと俺のモノに絡み付いてきた。
少しも逝く気配がなかった俺のモノも、その刺激で出そうになる。
「あ・・ぁ・・・。」
カズははあはあと肩で息をしながら、全身を俺にどっと預けてきた。
全ての行為が終わったのに、余韻に浸っているように
「・・・もぉ・・だめぇ・・。」
と鼻にかかった甘え声で言い続けている。
「カズ。」
「・・・・ぅん・・。」
「ちゃんとちんぽって言わなかっただろ。」
「・・・・!い、言った・・ょ・・。」
「ウソつけ。ちんちんって言ってたぞ。」
「・・・ぅ、うそ・・!言ってない・・よぉ・・。」
自信がないのか語尾が小さくなっている。
絶頂の時に言った言葉なんて、実際きちんと覚えていないだろう。
「ダメだな。おしおきだ。」