※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピンク色のたまご

鯨氏

1がつ11にち、きょうははおれの誕生日です。
おにいちゃんがプレゼントをくれるって約束してくれたので、おれはそれがたのしみです。
おにいちゃんはおれよりちょっと大人でかっこいいです。

「プレゼントかってきたぞー」

おにいちゃんがかえってきました。
おれはうれしくて、玄関にむかえにいきます。

「おかえりなさいー」
「迎えにきてくれたのか、いいこだな」
「プレゼントはー?」
「ああ、プレゼントはこれだ」
「?」

よだんですが、おにいちゃんは前の誕生日に長いピンクの棒をくれました。
あそびかたはよくわからないけど、おれはペットのたろうと一緒に
投げたりしてあそんでます。きょうのはよくわからない、ピンク色のたまごでした。

「どうあそぶの?」
「・・・俺もよくわからないけど、食べ物じゃないぞ」
「ふーん・・ありがとうにいちゃん」

よくわからないけどおれはすごくうれしかったです。

その日の夜、とうさんにピンク色のたまごを見せたらおにいちゃんが怒られてしまいました。