※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正太郎【2】

著者不明

「いいだろ正太郎」
「だって何するの?」
俺は何も言わず、正太郎からズボンを剥ぎ取った。
「いたい!」
「ごめん少し擦れた?」
「もう何するの!ズボン返してよ!」
ポイと向こうにズボンを投げ捨てる。
「ああ、もう!」
正太郎が起き上がってズボンを拾いに行こうとするのを、無理やり押さえ付けた。
抵抗するけど、いつも体が弱くて寝てばかりだから、全然俺の力には勝てない。
「やめてよりゅう君!」
正太郎はまだキス以上のことを知らない。当然、この後俺が正太郎にしようとしていることなんて考えもしないことだろう。


まだ大きなままの正太郎のを優しく掴んだ。
「ねえ、もうやめよう……」
抵抗するのが無駄だとわかったのか、少しぐったりしている。
正太郎の上着も剥ぎ取ると、俺は正太郎の胸を舐めた。ケホケホと頭の上の方で正太郎が咳を洩らすのが聞こえた。
「僕だけ裸で恥ずかしいよ……」
「そっか、わかった」
俺はプチプチと自分のパジャマのボタンを取って、自分のパジャマを投げた。
待っている間どこに眼を向かわせたらいいのかわからないらしく、正太郎はベッドの横に掛けてある絵をじっと見ていた。本当に、正太郎は恥ずかしがり屋だと思った。
ガバッっと正太郎の上に乗り掛かって、頬と頬を合わせた。正太郎の顔はとても熱くなっていた。
自分のと正太郎のとが擦れ合った。俺は正太郎の頭の後ろに手を回して、もう一度正太郎の口を塞いだ。
だんだんとお腹に当たる正太郎のがぬるぬるしてきた。俺はお腹で正太郎のを擦ってやった。
「…あ、んんn……」
言葉になっていないような声が正太郎から出た。


「いたいっ」
「ああごめんな、早く動きすぎた」
ちょっと休もうとして正太郎の隣の体を寝かせた。
正太郎のすぐ横にある。はあはあと荒い息が俺の耳を当たった。
「……もうやめるの?」
こんなとこでやめないで、って聞こえる。なんだ、正太郎もやっぱり気持ちいいんだ。だから、ちょっといじわるしてみたくなった。
「もうやーめた。疲れたもん」
「え…そっか……」
「正太郎も嫌だったんだろ」
「うん、あ、いや…その……」
「だってキスだけって言ったじゃん、約束は守らなきゃな」
「え、でもそんな嫌じゃ…」
正太郎と反対の方を向いて寝ているけど、声から正太郎がオロオロ焦ってるのが目に浮かぶ。
俺は後ろ手に正太郎のを掴んだ。その拍子に、正太郎の皮が剥けて、中が出てきた。
「あ」
俺はぐるりと向きをかえ、正太郎の腰の辺りに顔を近づけた。そのまま下にあったタオルケットをかぶって、正太郎からは俺の頭は見えなくした。
爆発しそうなくらいに正太郎のソレが大きくなっていた。正太郎はタオルケットを取ろうとするが、ほとんど力が入ってなかった。
思い切って正太郎のものを咥えてみた。
「ちょっと口に入れたの!?そんな、汚いよ!!」
ジュクジュクと音を立てて、正太郎のものを吸い込む。小さくて根元まで入れても十分俺の口の中に入った。
「あ、ちょっと待って……」
先から苦いツユが出てきた。
「あぁ」
頭の上から正太郎の震えるような最後の声が聞こえた。口の中にたくさんの熱いツユが広がった。正太郎のものは俺の口の中でビクビクと小刻みに震えている。