※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぴくん、と撥ねる背中。
俺は只、獣のように、柔肌に自らを打ち付けた。出しては入れ、入れては出すこの単調な繰り返しが、
俺達を煮立たせる。
「ぐ…ッ、もう、限界、いく、ぞ……!」
噛み締めた歯の間から、何とか声を絞りだす。
「うん、にい、ちゃ、いっしょ、いっひょ、に…!」
壁に当てていた弟の両手が、俺を求めて後ろに廻される。
その手を握り締めた。離さない。離すものか。この手を離そうと画策するものは、誰であろうと許さない。
喩えそれが、今も弟の体を蝕み続ける致死の病魔であったとしても――

「「――――!!」」

重なり合う声。重なり合う感情。重なり合う掌。
俺達は盛大に欲望を撒き散らし、その場に崩折れた。
熱い塊が薄れ、消えてゆく。
リノリウムの床が、爆ぜそうに熱かった体を冷やしてくれた。

全ての後始末を終えミネラルウォーターを口にしている時、弟が唐突に呟いた。
「ねえ、兄ちゃん。一つだけ、お願いしていいかな…?」
返事の代わりに、目で答える。ミネラルウォーターのボトルを足元に置き、俺は弟を見つめた。
「こんなお願いは変だって、自分でもわかってるけど…あのね。遅刻癖を、直さないでほしいんだ」
一瞬どういう意味かわからずに、考え込む。それはつまり、今までどおりでいいってことなのか?
…いや、今までどおりでいいなら、別にお願いする必要なんか――

「僕は、死んじゃったら、たぶん一人ぼっちで寂しくて、兄ちゃんのことを考えてしまうと思う。
兄ちゃんは何してるかなー、とか、兄ちゃんは元気かなー、とか……それでね?きっと…きっと、
兄ちゃんに会いたくなっちゃうと思うんだ…」

 言葉が、出ない。

「でも、兄ちゃんは遅刻していいからね?いっぱいいっぱい、遅刻してね?
兄ちゃんがもし僕に会いたくても、遅刻じゃなかったら、絶対に会わないからね?
だから……僕が居なくなっても…ひぐっ…兄ちゃんは、今のままでいてね――」



俺には、弟が居た。
華奢で肌が白くて、怖がりで、意地っ張りで、優しくて、可愛い、たった一人の弟。
俺が愛し、俺を愛してくれた、この世でたった一人の弟。

今はもう居ない、たいせつなたいせつな、弟。