※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悠(1)

著者不明

「ほら、悠!洗ってやるから早く上がってこっち来いって」

「い、いいよ…僕、ひとりで洗うから…」
「駄目だっての。ちゃんと悠洗ってやるように母さんに頼まれたんだから…お前が早くしないと俺が風呂上がれないっ」

ガオレンジャー見れなかったらお前の所為だからな。
そう僕を責め立てる一樹お兄ちゃんの声が、バスルームの白い天井に木霊する。

お風呂は嫌いだ、面倒だから。泡の感触が何だか気持ち悪いから好きじゃない。

それでも、お兄ちゃんと一緒なら。少しでもお兄ちゃんに構って貰えるなら……そう、思っていたのに。

お兄ちゃんにとって、僕って邪魔な存在なのかなあ。
悠の白い頬に一雫の涙が伝う。薔薇の香りが漂う浴槽に、小さな波紋が生まれた。

「悠……?」
「……っく、…ぅ」
「どうした?何いきなり泣いてんだよ…?」
「な、ないて…な、んか」

溢れる滴が、悠の反論を制止した。
ぴちゃ。ぴちょん、ほんの小さな筈のその音はこの狭い空間に伝わるには十分で、悠は追って来る一樹の視線に脅えうつ向いた。
桃色の湯船に自身の顔が映る。
視界が揺れていて良く見えないが、それが堪らなく情けないものであるという事は嫌でも分かる。
への字に曲がった唇は震え、大きな双眸は涙の泉で溢れそうだ。

お兄ちゃんの、一番嫌いな僕の顔。
きらわれる。