※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

智(2)

著者不明

「ちがうって、そうじゃないって」
「いいよ、いいよ、わすれて、なんか今日の僕おかしいみたいだ」
「ちょっと、聞けって」
「もう、なんで、こんなこといってんだろう、僕」
智は全然俺の話を聞こうともせず、恥ずかしいのか、わめき続ける。
「あぁー、もうっ、俺の話をきけっつーの」
俺はベッドの上の智に馬乗りになると、智の顔を覆った両手を乱暴に剥がすと
そのまま両手を押さえつけ、今度は俺が聡の唇を塞いだ。できるだけそっと。
間近に見る智の目は薄っすらと涙ぐんでいて、俺は自分の理性が衝動に打ち負かされた
ことを悟らざるを得なかった。
理性のぶっ飛んだ俺を止めるものはすでに無く、『智を味わいたい』だたそれだけが
頭の中を占め、智の唇を割るようにして俺の舌は『何か』を求めて蠢動していた。
「・・んっ」
鼻梁から漏れ出た智の声にようやく少しだけ理性が働きだした俺は、ようやく唇を離
した。それでも、酷く後ろ髪を引かれる。


酷く耳が熱い。激しく赤面しているであろうことが、自覚された。
「・・・話を聞けって・・・」
静かにうなずく智の、僅かに開いた唇を見ると再び強い衝動に襲われそうになるが、
俺は今だけはそれをこらえてやり過ごさなければならなかった。
「・・俺もだ。家族とか、弟とかじゃなく、智がいうのと同じ意味で、、その、好きだ」
押さえつけていた両手を離し、左手で自分をささえつつ、右手を智の額にあてがう。
「熱も下がったようだな」
「にぃ」
急に抱きついてきた智に唇を塞がれ、俺の理性はあっけなく瓦解した。


ベッドの中に潜り込んでしまって、俺はもう何のためらいも持ってはいなかった。
時折、智の鼻梁から漏れ出る声は俺の衝動をとことん煽り続ける。
俺の舌は智の口の中を這いずり回り、今まで一度も思ったこともないのに、
智の唾液を貪欲に求め続けた。
唇を合わせたまま智のパジャマのボタンに手を掛けると、さすがに一瞬驚いた様子を
見せた智だったが、俺がまごついていると自分からボタンを外した。
「怖いか?」
俺はそっと唇を離すと、智の目を覗き込んだ。
「・・・ちょっとだけ恥ずかしい」
そういうと節目がちに視線を落とす。
見ると智の耳も真っ赤で首筋から全身に掛けて色づいている。
俺は智の身体に腕をまわすと首筋に唇を這わせた。
「はっ、はっ、はっ、んくっ~、はぁぁぁ」
智の呼吸は徐々に浅くなり、時折何かをこらえるように息を止め、深く息を吐き出した。


それでも俺は執拗に智を味わい続け、首筋に、腕に、むなじに俺を刻み込んだ。
時折智の顔を覗き込むと、焦点の定まらない瞳が何かを求めるように彷徨い動き、
軽くひらかれた唇からは声とも息ともつかない音が漏れ続けている。
そんな無防備な智を見ていると俺はますます強い想いが沸き起こるのを実感していた。
「はっ、はっ、はっ、うぐっ、、」
それは俺の舌が耳の後ろからうなじの方に移動しているときだった。
それまで軽く俺の身体にまわされていた智の腕が俺を締め付けてきた。
「にぃ、、もう、、ダメ」
そう言うと同時に、ぎゅっと抱きつかれた俺にも智のそれが伝わってきた。
最初は『クッ、クッ、クッ』と早い周期で伝わってきたそれも徐々に遅いものに
なっていき、同時に智の腕からも少しずつ力が抜けゆく。
俺は動かしていた舌をとめ、そっと抱きしめ続けてやった。