※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

智(3)

著者不明

五分ほどそうしていただろうか、智がそっと話だした。
「・・・にぃ」
「ん?」
「ごめん、僕」
「ちょっと刺激が強すぎたな」
俺は右腕を智の下から引き抜くと、しずかに智の頭をなでてやった。
「僕だけ気持ちよくって、、にぃは、、」
「俺か?ん~、今日は智を感じられたからな」
身体を起こし、智を再び見下ろす格好のまま言った。
「でも、」
それでも言い募る智に軽く口づける。
「気にすんなって。今は智が満足するのを見てて十分嬉しいんだって。
満足できたんだろ?」
「うん、とっても」
そう言った智に満面の笑みがこぼれ、この笑顔があればいいやと本当に思わずにはいられなかった。


「下着んなか、気持ち悪くないか?」
「うん、実はちょっと。。。」
「俺が拭いてやろっか?」
「いいよ、もうっ、はずかしいっ」
そういって智は俺の身体を押しどけると、すばやくベッドからすべりでた。
「僕、シァワー浴びてくる」
そそくさと部屋を出て行く智を見送りつつ、『一線を越えたのだな』と
ぼんやり思っていた。
『俺に後悔はあるだろうか?するだろうか?』そうした思いが頭の隅を掠める。



「にぃ、いっしょに入らない?」
戻ってきてドアから顔を覗かせている智を見たとき、俺には少しも後悔の念が無いことを実感できた。
「ひさしぶりに、一緒に入るか」
俺はベッドから離れ、智が待つドアの向こうに向かって歩きだした。


そうだ、俺は智を好きなんだ。