※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山下(1)

1レスで萌やす

小学生の俺に取って愛の告白みたいなもんだった。誕生会に呼ぶなんて、普通かも知れないけど。
でも、用事もないのに断るのはそういうことだと思う。
ハッピーバースデーの歌。
せっかく母さんがいない子供だけの秘密パーティーなのに、山下が来ないと。
「ここで慎吾に取っておきのプレゼントー」
キッチンから運ばれてきたのは、ホイップまみれの山下だった。
イチゴやみかん、キウイにチョコまで乗せて。
「召し上がれ」
ほっぺについたクリームをなめると、甘い香り。後味は山下の味、最高。
どんどん下に下になめとっていく。
こころなしか山下の息が荒くなる。
くすぐったいお腹をすぎると、そそりたったそこは水飴のような蜜があふれている。
その部分にはホイップの下に大好物のオレンジマーマレードまで塗ってあって、丁寧になめとらずにはいられなかった。
先っぽの皮の内側にまで入っているので、むきながら舌先でチロチロと味わう。
前進に力をふんばった大きなケーキからは、最も甘美な白い液がほとばしった。
俺のパンツの中もぐちゃぐちゃだ。