※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミツル(2)

著者不詳

小さい時の特有の、ふっくらとしたお腹に触れる。
「ひゃ…!つめたっ」
他に比べて少し体温の低い手が、ミツルのお腹を這ってゆく。
そしてそれはすぐに先ほどの突起を見つける。俺はそこに唇を押し当てた。少し歯を立てる。
「や!ぁ…っ…やだ…っ!」
「嫌か?」
俺が動きをやめてそう聞くと、ミツルは少し困った顔をして黙ってしまった。
そんな、いま嫌って言われても俺のマグナムはもうとっくに点火済みなんだが。


ミツルが黙ったままなので、俺はまた乳首を少し噛む。
「ひんっ!」
ミツルの体が跳ねる。
これをいいことに、俺はスカートの中をまくりあげてみた。
「…ぁ」
ミツルのナニは、小さいながらも立派にそそり立っていた。ここで俺の嗜虐心が煽られた。
「おいミツル、これは何だ?おまえおっぱい触られて感じるなんてマジで女になったのか?」
「………。」
ミツルは顔を真っ赤にして、ずっと下を向いて黙っている。何か反応がないと、俺としても面白くない。
俺はミツルのチンコを掴むと、根元から思いっきりシゴきあげた。
「っぅああっ!」
それを何回も繰り返す。
「…っぅんっ、ぁ、ぁあっ、ぃやっお兄ちゃんっ…!!!」
そう言いながら、ミツルは白いカルピスを俺の手の中にぶちまけた。
「はぁっ、はぁっ…」


俺はそれをミツルの肛門に丁寧に塗りつけて、人差し指を挿入した。
「っ!いたいっ!」
そう言うミツルを無視して、俺はどんどん深く指を沈めていく。
根元まで入ると、中でミツルのチンコ側を探る。
「やあだーいたいぃいい」
俺はぽこんとふくらんだところをみつけて、ソコを思いっきり引っ掻いた。
「ひゃぁん!!!」
またミツルの体が跳ねる。俺は何回もソコを押したり引っ掻いたりなんかして刺激しつづけた。
ミツルの顔を見ると、顔真っ赤の半泣き状態だったが、目はどこかトロンとしている。
そろそろかな。俺は指の動きを止める。
「…ぇ?」
「どうしてほしい?」


「言わないならやめる。」
ミツルは今にも泣き出しそうな顔になった。
肛門がヒクついているのが、挿入されたままの指ごしに伝わってきた。
「…っやだ…」
「じゃぁ…やめよっか」
「ちがうっ…!やめないでぇえ!!!!」
そう言うと、ミツルは声をあげて泣き出した。
ちょっとやりすぎたかな。俺は中指を挿入した。
「ぅわああん…っく、ヒッく、っあ、あ、あ…」
指で刺激するたびに、ミツルは甘い声を出した。俺はさらに薬指も挿入した。
「ぅ…ん、っあ、んっ…」
十分にほぐれてきたところで、俺は指を抜いた。その代わりに、自分のチンコをあてがう。
ミツルの足を高く持ち上げて、一気に貫いた。
「あああっ、っや、いたいいいい!!」
流石にちょっとキツい。でもゆっくりと動いてみる。