トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

児童ポルノ規制法改悪絶対阻止!!

そもそも、どういう改正案なのか?
これをみていただければ分かります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2635447

事の発端は2008年3月11日です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html
このような報道がされたことから始まりました。

NEWS!

http://www3.nhk.or.jp/news/2008/03/14/d20080314000099.html
事態は急速に動いています!!
自民党が小委員会を設置し、アニメやゲーム、漫画を規制するか検討しているようです!!

http://ameblo.jp/mangaronsoh/entry-10076351373.html
どうやら自分の子供の写真もアウトになるようです。
※抜粋
■児童ポルノを定義できない法務省との答弁
--法務省は児童ポルノの定義をどのように考えているのでしょうか?
松浦さん:民主党の会議では「もし、30歳の女性が子供の頃に撮影したヌード写真をブログにアップした場合、児童ポルノとして処罰対象になるのか? 仮に、そうであれば一体誰の人権を侵害したことになるの>か?」と質問しました。
これに対して、法務省は、「子供の人権を侵害したとして処罰の対象になる」と回答しました。そこで「成人の女性が、自己決定で公開したものが誰かを傷つけていることになるのか?」と聞いたところ「本人は傷ついているハズです」と答えるのです。
そこで、若い夫婦がブログで行っている育児日記で子供の裸の写真をアップした場合はどうなのか?と尋ねたところ「児童ポルノにあたらない」といいます。性欲の対象は多様でペドファイルの目から見れば刺激を受ける可能性もあるわけですが、法務省はそれらの判断は裁判官が一般の社会通念を加味して行うものだというわけです。

出来る方はお願いいたします!!

自分の選挙区選出議員へ意見を送るのが一般的には政治的効力がある。その際メールではなく葉書・手紙だとなおよし
(政治の周辺はインターネットについて色盲同然な人が多いから)。