改正案の内容


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改正案の内容。

今までの法律では、「ロリ関係のものを所持していた場合、罰則はその製作者に科せられる」
と言うものが今回の改正案では、「単独所持でも違法」となります。
そして、ゲームや、漫画、アニメ等で、「被写体が実在するか否かを問わず、児童の性的な姿態や虐待などを写実的に描写したものを「準児童ポルノ」として違法化」するという。
大げさかも知れませんが、少年誌やアニメ等にある、「サービスシーン」も完全規制されます。
ほとんどのコンテンツが規制されかねません。