[背表紙]君が生まれてくる世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永い夜が明ければ 世界は再び輝きを取り戻すんだろう
僕達には 届けなければならないモノがあるんだ
明日生まれて来る君へ…

「今夜は、いっぱい話そう…
君が生まれてくる、この世界のこと…」

歴史は繰り返す 忘れてはいけない
歴史は繰り返す 忘れてはいけないよ…

「君の瞳は映すだろう…
美しいコトも、醜いコトも全て…」

僕達は諦めなかった…
そして 遂に見つけ出した
黒い背表紙に 黒墨で書かれた
最後にして最初の物語…

「君は得るだろう…
愛しいモノも、憎いモノも全て…」

紐解かれた黒いクロニクル 歴史を彩る幾千の物語
例えばそれは…

終焉を知ってなお 諦めなかった僕達の物語…

最期まで 偽らざる想いを詩い続けた詩人の物語…

守るべきモノの為に 命を懸けた戦士の物語…

母の命と引き換えに 樹氷の王となった少年の物語…

蒼い海に憧れた 限りなく白い少女の物語…

残された左腕で 再び世界を救った英雄の物語…

人形に記憶を封じられた 未来を読む少女の物語…

…そして
母なる海に抱かれ この詩を聴いている君達の物語…


「君は生きるだろう…
楽しいトキも、苦しいトキも全て…」

全てを許し 全てを受け止める
新世界の子供達 明日生まれてくる君へ
僕達からのメッセージ

「やがて君達の世界にも終焉が訪れるだろう…
それでも…どうか諦めないで…君を愛している…」

繰り返し詩い継がれる記憶 物語は次の地平線へ…