#blognavi
セシールが25日発表した2006年1―3月期の連結決算は営業利益が前年同期比2.3倍の1億4300万円だった。子会社が美術品を販売したことが主因。通信販売が主体の単体では6億1100万円の赤字だった。06年12月期通期の業績予想は据え置いた。

マルヨシセンター、新規出店で増収も5期ぶり赤字

伊予鉄高島屋、10年ぶりの増収増益
伊予鉄高島屋(店名はいよてつ高島屋、松山市、大石哲男社長)は25日、2006年2月期の決算を発表した。利益率の高い紳士関連品の販売好調、経費節減などで最終利益は前期比3.3倍の4億7000万円だった。売上高は0.4%増の451億8600万円を確保し、10年ぶりの増収増益となった。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060425c6b2502f25.html

四国電の前期決算、経常益11%減・電気料金引き下げなど響く
四国電力が28日発表した2006年3月期の連結決算は、経常利益が前の期比11%減の396億9400万円だった。燃料費の増加を人件費圧縮で補ったが、昨年4月の電気料金引き下げなどで減収だったことが響いた。今期も7月からの料金引き下げが約100億円の減収要因となるが、減価償却費の減少などで経常利益は1%増の400億円を見込む。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060428c6b2803028.html


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年05月01日 08:17:44
名前: コメント:
#blognavi