#blognavi
四国化成工業が12日発表した2006年3月期の連結決算は、営業利益が前の期比46%増の42億2500万円だった。利益率の高い主力のプリント基板向け防せい剤が好調を維持するなど、2期連続で過去最高益を更新した。

 売上高は同5%増の382億6500万円。米国に輸出するプール用殺菌消毒剤が円安の追い風に乗り、化学品事業が14%増収と全体を押し上げた。建材事業は2%、飲食など周辺事業は14%のそれぞれ減収となった。

 純利益は47%増の22億1600万円だった。エクステリア事業の再編に伴って、詫間工場(香川県三豊市)などの売却損として2億4800万円を特別損失に計上した。

 2007年3月期の売上高は5%増の402億円を見込む。経常利益は6%増の44億5000万円、純利益は13%増の25億円の見通し。

四国化成は予想通りいい業績ですね。今後も伸びるでしょう
株は買ってないんだけど


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年05月15日 21:57:54
名前: コメント:
#blognavi