#blognavi
ボイラー製造の三浦工業は2007年3月期中に有利子負債をほぼ完済し、事実上の無借金経営に移行する。業績好調に伴い手元資金にも余裕があることから、今後は自己資金を中心に財務の健全性を維持する。08年3月期には約1億5000万円の金利負担を節減する見通し。潤沢な資金を海外展開など将来の成長戦略に振り向ける。

 前期末に借入金や社債を合わせた有利子負債が約90億円あり、「1年内償還予定社債」が87億円と大半を占める。償還期限は07年2月となっている。保有する有価証券を償還原資にあてる。若干の短期借入金を除いて有利子負債はなくなる。

 金利負担は前期1億7000万円強だったが、今期は約1億5000万円の見通しで、償還で来期はほぼゼロになる。今後も「現時点では大規模な借り入れや社債発行の予定はない」(原田俊秀経理部長)としている。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060615c6b1502215.html

攻めの経営ですね。絶好調か


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年06月21日 16:18:49
名前: コメント:
#blognavi