※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
文部科学相の諮問機関・中央教育審議会は11日、教員免許更新制の導入や教員養成の専門職大学院「教職大学院」の創設などを盛り込んだ最終答申をまとめ、小坂文科相に提出した。

 教員免許更新制は免許の有効期限を10年とし、期限満了前に30時間程度の講習を受けることで、更新される仕組み。文科省は制度改正や準備期間を経て、数年後には実施に踏み切る方針。教職大学院は、優れた新人教員や、学校現場で中核を担う現職教員の育成が狙いで、教科指導や学級経営の理論や実践について専門的な教育を行う。2008年4月の開校を目指す。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060711i311.htm

中教審、教員給与見直しへ作業部会設置
文部科学省は中教審の議論を踏まえ、今年度中に給与体系全体の見直しについて結論を出す方針。残業や休日出勤の取り扱い、教育現場で中心的な役割を果たしている教員の処遇などが論点になる見通し。

 教員の給与体系の見直しは政府・与党が公務員の総人件費削減の一環として、教員給与の削減を打ち出したことがきっかけ。作業部会では、一般行政職に比べた教員給与の優遇を定めている人材確保法の見直しについても論議する。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1G1001S%2010072006&g=MH&d=20060710

財務省のメスはついに高給取りの教員に・・・
しかし教員に残業を認めると多分今より支出が増えるような・・・ 効率という言葉を知らない教員多いからねぇ


カテゴリ: [メモ] - &trackback- 2006年07月12日 00:33:50
名前: コメント:
#blognavi