※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
百十四銀行は18日、9月1日からATMなどの振込手数料の一部を無料化すると発表した。手数料の一部無料化を巡っては、伊予銀行が6月下旬に発表して以降、四国内の地銀・信用金庫が相次いで追随し、四国全域に広がっている。

 百十四銀の対象は個人のATMを使った同行本支店間の振り込みと、インターネットバンキングなどを利用した同行口座への振り込み。現行で3万円未満が105円、3万円以上が210円だった本支店間の手数料が無料になる。無料化により年1億円強の減収を見込む。

 先行する伊予銀は18日から個人を対象に本支店間のATM、インターネットバンキングの振り込みを無料化。四国銀行も同日から個人の本支店間のATMの振込手数料を無料とした。香川銀行や愛媛信用金庫(松山市)、高知信用金庫(高知市)は法人の取引も対象としている。無料化は減収につながるが、リテール(小口金融)分野での競争が強まっているだけに、四国域内で急速に広がった。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060718AT2C1803K18072006.html

弱いところはしたくなくてもやらなくてはいけない状況に・・・ 紳士協定崩壊

独立法人の融資業務に抜本改革促す・総務省評価委


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年07月19日 11:35:54
名前: コメント:
#blognavi