※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
四国電力は28日、2006年9月中間期の連結経常利益が前年同期比でほぼ横ばいの280億円になる見通しだと発表した。従来は減益予想(25%減の210億円)だったが、当初見込み以上に電力需要が旺盛で、売り上げが伸びた。燃料費がかからない水力発電の比率が高まったことも利益を押し上げる要因となった。

 売上高は4%増の2830億円。従来予想を80億円上回る。猛暑だった昨年夏の反動で、当初は電力販売量が微減と予想していたが、実際は2%増の143億キロワット時となった。気温が平年に比べ高めに推移し、冷房需要が増加した。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060928c6b2802m28.html


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年09月30日 17:38:44
名前: コメント:
#blognavi