※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
使い捨て紙おむつの尿漏れ防止機能をめぐり、特許を侵害されたとして大王製紙(愛媛県)が王子ネピア(東京)に約2億9000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は15日、王子ネピアに約1億円の支払いを命じた。

 設楽隆一裁判長は「ネピア製品『ドレミ』の前後からの尿漏れ防止技術は大王製紙の特許に含まれるが、特許出願時には似た構造の発明が複数存在していた」と判断。大王製紙が受け取るべき対価は、ドレミの2002年5月から昨年9月までの売り上げ約144億円の0.7%と算定した。
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/t2007021627.html


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2007年02月16日 20:39:56
名前: コメント:
#blognavi